Visakhapatnam
ビサカパトナム

   
 
 鉄鉱石積出港として、比較的有名な港です。近郊には製鉄所もあり、石炭を揚荷している船が頻繁に入港していた。
また、インド軍港のひとつで、インド海軍が頻繁に入出港して訓練していました。 そんな理由からか、当港に入港、上陸するときはカメラの所持が規制されており、入港時にはシールされて写真撮影が出来なかった。
 その後、規制も緩和されて上陸するときに税関に登録すれば携行可能となり写真撮影が出来るようになったが、それでも港付近は撮影禁止になっていたようです。

インドの街角は何処の港に行っても似たような風景です。人も車も自転車、バイクもそれに「輪たく」「うし」までが入り乱れて交通を賑わしています。交通ルールなど有って無いが如しでした。
 市場に行けば豊富な野菜、果物類は多く見られますが、決して清潔とはいえない雰囲気です。 多くの香辛料が売られておりインド独特の異様な臭気は忘れられません。そんなインドの街頭風景は何処で撮影しても絵になるようです。

 
メーンストリート 牛様が通る
小さな雑貨店が軒を連ねている通り
ビサカパトナムのメインストリート。
早朝なので比較的静かでした。
インド独特の風景。「牛さま」が通る。
人海戦術の作業 共同水汲み場
工事現場はすべて人海戦術。重機など有りません。
水汲み場で順番に生活用水を汲む女性たち。
市場 生鮮野菜 賑やかな市場
やしの実を売る女性たち。
生鮮野菜は豊富です
価格交渉は値切ることが大事。相当値切ってもそれでも高く買わされています。
ときどき見かけます 何の銅像だろう? インドの神様か?
道路わきで寝ているホームレス?
唇を大きく塗った像。ヒンズー寺院の前にあった
4つのタツノオトシゴ。何のまじないか不明です。

 
:: 漁港風景 ::
ビサカパトナム近海は漁船が多く出漁しており、何時でも漁港は賑わっていた。漁獲物の種類も多く、特に「エビ類」は「イセエビ」をはじめ「くるまエビ」「大正エビ」など豊富だった。日本人は漁船の入港する状態を見て市場で漁船から直接購入することが出来た。

漁港に集まる漁船
魚市場の計量職人たち。

水揚げされたばかりの「アナゴ」
大量の「大正えび」。日本の商社が購入して、日本に輸出するとの事だった。