Corpus Christi,Texas


オーストラリア北岸、Weipaから、太平洋を東進、パナマ運河経由、32日16時間の航海で到着した、メキシコ湾に面した 大工業港、Corpus Christi (コーパス・クリスティ)。
こぢんまりした小さな町は、整然として落着いた街でした。港周囲は工業地ばかりで、貨物船の停泊が多く見受けられ、海岸線には小規模の漁夫町らしきが点在し、小型底引き漁船が沢山見受けられました。
本船は、アルミの原料、Bauxite を満載して 入港しましたが、揚げ荷設備は最新式で、荷役の早かったことを記憶しています。 
このキャタビラ式Unloaderは数年遅れて日本の製鉄所でも採用される様になりました。揚げ荷能力が早く、船は停泊期間が短くなり、「船員泣かせ」の設備になりました。

街はあまり大きくない静かな街で、マーケットプレースが一件あるだけでした
マーケット前の噴水

City Hall前のAnchor

マーケット内に有った怪しげな店

港内には軍用船も停泊しています

静かな漁師町のようです
このような小型漁船が底引き網をやっていました

最新設備の揚荷装置。キャタビラ式のUnloader設備は、揚荷能力が極めて早い。

接続画像: マウスオン⇒クリック

マウスオン(キャタビラ角度変更)