SUEZ Canal EGYPT


エジプト北東部のスエズ地峡を南北にはしる人工水路で紅海の入り江であるスエズ湾と地中海をむすんでいる。この運河は、ヨーロッパ諸国の港と、南アジア、東アフリカ、オセアニアをつなぐ近道であり重要な国際運河です。
 運河の全長は約163km、船舶航行可能水底の最低幅は60m、空船時で15万tonの船の航行が可能である。 運河は地中海とスエズ湾の水面がほぼ同じ高さのため、水平な海洋運河となっていて流れも殆ど無い。
  運河は、マンザラ湖、ティムサ湖、ビター湖を利用し、スエズ地峡をつらぬいていてほとんどは一方通行だが、ビター湖、カンタラ、イスマイリアの間にはバイパスが通っていて相互に航行できる。
 運河の工事は1859年4月25日にはじまり、69年11月17日に開通した。1888年に国際条約が調印され、スエズ運河はすべての国に公平にひらかれることとなった。
1960年代には、エジプトとイスラエルとの衝突のために、スエズ運河はしばしば閉鎖され、67年の第3次中東戦争は、沈没した軍艦が障害となり、スエズ運河は長いこと閉鎖されることとなった。国際団体が障害物をとりのぞいた75年6月に再開した。

船団航行(Convoy)

通行船舶は船団(コンボイ)を組んで航行する。前後船間は約1.5miles。10ノット以上の
速力を保って航行するが、船間距離は信号所がチェックしていて距離維持を支持してくる。


Suez canal 付近。運河全体図は画像をクリックしてください
スエズ運河入口の最初の信号所。

通行中の緊急時に係留索などの運搬に使用する
ボートを積み込む。
ボートマンは早速「土産物売り」に変身。運河通行中には全然必要無いと思われるボートでした。

ボートマンの商売する土産物。ラクダのぬいぐるみ、
石の灰皿、エジプト図柄を描いた銅版など。
運河側面の拡張工事現場。人と馬による人海戦術でのんびりと工事していた。時々ラクダも利用されていた。

Great Bitter Lakeで座礁。
前部に浸水して航行不能になった貨物船