Saldanha Bay,S.A.

Saldanha Bay は南アフリカで最大の鉄鉱石積出港である。
Cape Townの北西、約60miles(33°02’S, 17°58’E)に存在し自然の良好といえる。
1979年〜1980年に数回寄港したが積荷設備も新しく、積荷能力も非常に早かった。(6,000〜7,000tons per Hr.の記録がある) 。
小さな部落的な街は桟橋から程遠く、当時はタクシーも少なく、乗組員の上陸には不自由した。当然日本からの観光客などは訪れることも無く、日本人乗組員が街を歩くだけでも珍しがられた港町だった。


サルダナベイ積荷桟橋拡大写真
Saldanha Bay全体の写真。市街地は写真左側。
新しく建設された桟橋は東側、南南西向きにあり、
先端はタンカーバース、北側が鉄鉱石積荷桟橋。
新しい桟橋で、原油送油パイプも設置されている。

Saldanha Bay停泊荷役中

桟橋からダウンタウンまで遠かったが、上陸して近いところにWelcome to Saldanhaの看板があった。
タクシーが少なく、呼んでもなかなか来ない。街で拾うにもなかなか見つからない。
そんな田舎町が「サルダナ」と言う新しい港町でした。
マウスオンの写真は積荷桟橋で鉄鉱石積込み中の本船。
     

鉄鉱石積荷中。荷役設備が新しく積荷が非常に早い。

 

桟橋東側には原油送油用のパイプも設置されている。

     

南アフリカ、サルダナの子供たち。

 

白人系の子供もいる。みんな裸足で遊びまわっている。

     

不良っぽい少年たちは靴をはいて格好をつけている。

 

店の前でタクシーを待つ日本人と現地の子供たち

      伊勢えびを調理するコック

町外れに立っていた高い塔。何だったのだろう。

 

伊勢えびが採れる港で、工場で買い上げ生きたままを、日本向け空輸している、とのことだった。