Rio de Janeiro,
Brasil



 ブラジル南東部のリオデジャネイロ州の州都。大西洋に面するブラジル第2の都市で、文化の中心地であり、大西洋に面するブラジル第2の都市で、文化の中心地です。
 リオデジャネイロとはポルトガル語で「1月の川」の意味です。16世紀初め、グアナバラ湾に到着した探検家たちがこの湾を大きな川と錯覚し、その日が1月であったことから名づけられた。

人口は約555万人。多くのブラジル人にとって、もっともおとずれたい街だと言う。リオの住人はカリオカ(サンバの一種で音楽とダンスの一形式)の愛称でよばれている。豊かな森の緑と山々の風景、太陽の光あふれる砂浜にめぐまれたこの街は世界屈指の美しい街であり港の景観も素晴らしい。  リオは1763〜1960年にブラジルの首都で、規模は他の都市をはるかに上まわっていた。しかし、1960年代になって首都をブラジリアに、経済の中心的役割をサンパウロにゆずった。

 Rio de Janeiro から西方約90km付近にある鉄鉱石の積地Septibaに数回寄港しました。その港は大型船が一隻接岸できるBerthがあり、周囲には全く何も無い鉄鉱石の山と埃にまみれた荒地で、リオの美しさとは比較にならない港でした。リオの美港とは比較できない鉄鉱石積地の写真はこのページに合いませんので掲載を控えます。
 
グアナバラ湾にそそりたつ花崗岩の山パンデアスカル山(335m)(砂糖パンの意)。港リオデジャネイロの入り口に位置する特徴のある山。 パンデアスカルに登る只ひとつの交通はロープウェイだけです。沢山の観光客が見学に来ていました。

パンデアスカル山の頂上から見たコパカパーナ美しい海岸線。付近はホテル、高級住宅地 高級住宅は市の南側コパカバーナ、イパネマ、レブロンなどの海岸に面した地区にある。

2月のリオは盛夏。コパカバーナの海岸には多くの海水浴客がひしめいていました。 リオの市街地と中央の山はコルコバードという小高い山。頂上には巨大な「救世主キリスト像」がある。
リオのカーニバル直前だったために街中は賑やかに飾り付けられていた。カーニバルは、四旬節直前の2月末に開かれる。 沢山の人が集まり何をやっていたのか判らなかったが、フリーマーケットのようだった