Persian Gulf

Persian Gulf には多くの原油積み出し地があり、世界の巨大タンカーが原油輸出のために集結して来ます。タンカー乗船時代に寄港した積出し地をペルシャ湾の地図に記入してみましたら、下のようになりました。どこの積出し地も、港と呼べる場所ではなく、陸上から遙か離れた海上に設置された長大な桟橋であり、海中に沈められたホースを引き上げて積み込む場所であり、島に設置された大型タンクから重力で積み込む場所など、千差万別でした。
どこの積地も、乗組員が上陸できる環境にはなく着桟したら直ちに積荷開始。どんなサイズの巨大船でも24時間〜30時間で満船出来るほどの積荷能力があり、船員の休養時間など殆んどありませんでした。
手元に残る積地の写真は、どこも同じような風景しか写っていない寂しさがタンカーバースの厳しさを物語っているようです。

Map of Persian gulf
Kharg Island、Iran の積荷設備。VLCCが外側に5隻、内側に5隻接岸できる。

Kharg Id.桟橋は木製構造、中央に見える太いパイプが原油積込み専用パイプ。細いパイプは燃料などその他。

Kharg Island 丘の上には原油タンク群があり、2.6kmのパイプラインで原油が重力で桟橋まで送られてくる。

Ras Tanura,Saudi Arabia沖のSea Berth。
積荷能力約11,000kl/Hr.(Max.44,000 kl.p.h)

Ras Tanura,Saudi Arabia沖のSea Berth。
Loading armが設置されているLoading Platform,係留索を取るMooring dolphinsがWalkwaysで連絡されているだけの構造である。
Ras Tanura,Saudi Arabia沖のSea Berth。
Loading Platformの両側にVLCC 8隻が係留できる。

Mina al Ahmadi,Kuwait のSea Berth。Ahmadi港の沖合い7.4milesに存在する全長494mのLoading Platform

Mina al AhmadiのSea Berth。左の写真中央のLoading Platformはこんなに高い。(Rate:15,000t.p.h)

Lavan Island,Iran: このBerthの南約80milesの海底から採掘される原油は一度陸上のタンクに送油され、船積には陸上タンクから重力で積込まれる。

Lavan IslandのLaoding Platform;海底を送油されてくる原油は温度が低い。Loading rate; 8,300kl.p.h

ここに掲載した写真のように、どこの積地でも似たような風景で何の変哲もない、Pipe Lineで構成された単調な風景です。写真には有りませんが、Jabel Dhannaは海底からPipeを引き上げて積荷を行いますが、船が居なければ積地の存在すらわかりません。