PANAMA CANAL

パナマ運河

このページは写真圧縮率が低いので画像完全表示まで時間がかかります

パナマ運河(Panama Canal)は 中央アメリカ最南部のパナマ地峡を横断し、カリブ海と太平洋をむすぶ運河。全長約80キロで結んでいます。 南北両アメリカ大陸を細長い地峡の一番狭い地点、及び一番低い鞍部地帯を切り開いて作られたものです。
船舶通行航路の最小水深は約13m、最小幅は約92mである。平均的な船舶が運河を通過する所要時間は約9時間かかります。

パナマ運河は、地中海と紅海をむすぶスエズ運河とともに、国際海上交通に重要な役割をはたしています。
運河入り口の太平洋側の海抜0メーター地帯をBalboa港、大西洋側の0メーター地帯をCristobal港が存在し、船舶の補油、補水が可能です。 いずれの側にも3段階の水門があり、約26メートル上昇して世界最大の人口湖Gutun Lakeに入ります。
 

運河地域概略図 パナマ運河の構造

大西洋から太平洋へGatun Lockに入る

Gatun Lock2段目

  二段目から三段目へ移動中

大西洋側から太平洋へ向かうGutun Lock 2段目へ上昇入門。
右側水路の先行船は3段目に上昇している

 

2段目からLimon Bay(Cristobal側)を見る。

Gatun_Lockは連続的に3段階、約26m上昇(又は下降)します。
各水門の長さ304.8m、幅33.52mでアプローチ・ウォールは2列あり上昇、下降が可能になっています。

Miraflores Lock 17h30m/2nd

 

Gate close

Miraflores Lock通過中。後続船より一段降下
このLockは2段連続している
 
Gatun Lock 1段目入行。Gateを閉鎖中

 

Gatun Lake,South bound

 

Gatun Lakeの中は行逢い船、追越船も多く混雑している。
 
運河通過可能最大船型は幅32.2mです。
Lock幅 33.52mの中に入るとウォールとの間隔が片舷 0.66m
しか余裕ありません。

Panam_highway_bridge

 

Bridge下を通過

1962年10月12日のコロンブス・デーに開通した北米アラスカから南米まで
通じるPan American International Highwayが走るBridge。 全長約1628m

 
Bridge下を通過。
この橋は太平洋Balboa側運河入口にかかっている。
Bridge中央トップにはアメリカとパナマの国旗が何時も翻っている。
 


運河を通行した船舶の記録
★_最長の記録 マルコナ・プロスペクター(鉱石原油兼用船):LOA = 296.5m B = 32.3m
★_最大幅の記録 USS ニュージャージー : B = 32.91m
★_最大の客船 クイーン・エリザベス二世 : LOA = 293.5m B = 32.0m
★_我々の通過した船は 全長 = 225m、全幅 = 32.2m、喫水=12.5mの日武丸邦洋丸邦穀丸でした。

運河通過中は大型船にはパイロットが4 名乗船し操船、見張りに従事します。Canal 常駐パイロットは230名前後(1990年)

Panama運河の機能を補助するためには、さまざまな付属施設がもうけられています。

☆_乾季もGatun湖の水位を維持するため必要な水を供給するチャグレス川沿いのマデン・ダム、
☆_水路保護のため運河の両大洋岸につくられた防波堤、Gatun DamとMaden Damの水力発電設備、
☆_運河のカリブ海側のColonから太平洋岸のPanama市まで76.6kmにわたって敷設されたパナマ鉄道などがある。

Panama運河の公式Homepageはこちらにあります。