Phnom Penh, Cambodia

1958年4月、古い記録写真です。カンボディア、プノンペンへの航海記録写真です。
北九州小倉から、セメントを満船しての航海。ベトナムの、Cape .St.Jequesからメコン川を遡り,140miles付近で、カンボジアの国境税関で通関作業後、更に62miles程航海し目的地、Phnom Penhに到着しました。渇水期の河川航海で、水深が浅くなり喫水を気にしながらの航海でした。 夜間荷役無しでのんびりとした時代の記録です。
カラー写真はまだ高価な時代で、非常に少なく、綺麗な建物などがカラーで記録されていないことが残念です。
 

プノンペンの王宮。カラー写真でないのが残念。綺麗に塗装されていました。

 

セメント揚荷中のデッキマン

ウインチマンは暑いのでボロ筵で日陰の下

ポンツーン上に降ろされた袋入りセメントは、沢山の作業人夫が一俵づつ担いで陸上のトラックまで運びます。その度に小さなカードをもらい、作業を止めて帰りにカードの数で賃金を支払ってもらう仕組みでした。
 デッキの隅では博打をやっている仲間がおり、このカードを賭けている。負けてゼロになったらまたセメントを担ぎに行く。
一方博打の親方は、セメントを担がずしてカードを巻き上げ、帰りに金に代えて帰る。人夫頭は見てみぬ振りをして、これらの行動には一切関与していません。一日セメントを担いで、賃金ゼロで帰る人夫も居ました。
暑い日中荷役なので、素っ裸で、担ぐ人夫、頭から身体全体がセメントで固まっているように、真っ白になっている人たちが沢山居ました。 今時代には見ることが出来ないだろう光景でした。
 

夜になると若者達が沢山遊びに来ていました

古着、洗濯石鹸、タバコなど販売する乗組員

Phnom Penhの中央市場。中は汚いが新鮮な野菜、果物など、
その他雑貨品などの店が沢山ありました。

中央市場の中、果物屋でもバナナ専門店。
日本ではまだバナナは高価だった時代です。

ペットではあるまいが、象を飼っている家。
重量物移動の手段に使用する「重機」の代用?

街中は割合に綺麗だったが、自転車と「輪たく」が沢山走っていました。
「輪たく」は流しと一緒で、手を上げればどこでも止まってくれます。