Espiritu Santo Id.
New Hebrides.


Vanuatu共和国、New Hebrides諸島、首都はPort Villa。
写真は、Espiritu Santo島、概位置、15-28.7S, 167-15.2E 付近に位置する。

かって英仏共同統治下という珍しい島で、毎年交互に英国系、フランス系と統治が変わっていました。入港停泊中の国旗はFore mustの右側に、その年を統治している国の国旗、左側に統治でない国の国旗を掲げることになっていました。
1980年8月、英仏共同統治下から独立してバヌアツ共和国となりました。
Santo島の東方に存在するペンテコスト島は、バンジージャンプの起源となった島です。原住民男性が成人に達したときの儀式として行われていました。

 

荒天

積荷のマグロは基地の漁船次第で、荷物が集まるまで待機状態。 毎日の時間つぶしは何をやるか、遊ぶことを探すのに贅沢な苦労でした。積荷を終えてアメリカ西岸に向かう航海は荒天も多かった。
 
 
毎年行われていた「ワイリスのお祭り」。 ワイリスの人達には、かって人喰の習慣が有ったらしい。そんな習慣を無くした事で、豚の丸焼きを沢山飾り、お祭りのピークに勇者たちが大きなバン刀で、丸焼き豚の解体競争を行い、その肉を見学者にプレゼントしてくれる。
小さな街?の人達がほぼ全員見学に集まり、暑い中で盛大に行われる珍しいお祭りです。

珊瑚礁の海に潜る
 

水中カメラを所持していなかったので、当時所持していたKONICA VA" 35mm普通カメラを透明ビニール袋に入れ、レンズ部分には、トーチライトのガラスを貼り付け加工して、水中撮影しました。
水深5m程まで使用しましたが、水漏れせず下のように撮影できました。
ピント合わせが出来なかったことと、写真全体が青くなったことが欠点だったけれど、ポジフイルムで残した貴重な写真です。
Giant clam  
Giant clam(巨大シャコガイ)が貝を開いている  

開いた中に手を入れると切断されるだけの力がある。

  水中でも結構重い
潜って巨大シャコガイを採取  

結構大きいが水中では充分持ち上げられる

水深3m程のサンゴ礁   オニヒトデ

さんご礁の海。こんな中でシャコガイを探す

 

珊瑚礁の害敵、オニヒトデ。猛毒。
周囲の珊瑚礁が枯れつくされている。

サンゴ礁、シャコ貝、食べられる貝類の漁獲
島の周囲はサンゴ礁に囲まれ、どこを潜っても綺麗なサンゴ礁に出会えます。大きなシャコ貝も沢山。 時には海蛇も近くで泳いでいました。
Giant clamの太い貝柱の刺身は美味でした。

原住民

部落の酋長らしき長老  

歓迎の儀式。鼻には骨のアクセサリーが原始的

Espiritu Santo島は一部に小さな部落のような街があるだけで、一歩奥に入れば人跡未踏のジャングルばかり。そんな中に原始人のような生活をしている小さな部落が存在します。文明を知らず、裸で過ごすこの人種たち、発達しすぎた文明国より、素朴なこのような自然生活が幸せなのかも知れません。勿論電気などありません。
 

さんと島一番のタヒチダンサー

  ギルバート諸島から連れてきた人たち
  ハワイアンダンスより一層魅力的なタヒチアンダンス。リズムが早くビートが利いている。迫力満点のタヒチダンスはすばらしい。
右の写真は、ギルバート諸島から連れてきた、現地工場の作業員。 ポリネシア系の若者たちで、赤道以北のクリア島、アラヌカ島から2年契約で働きに来ていた。
 
 
この年は英国統治となっていたのでマスト右に英国国旗、左にフランス国旗を掲揚している。
 
  冷凍マグロ(Frozen Albacore)の積荷中。アメリカに運び「シーチキン」の原料。
Espiritu Santoから冷凍マグロを積んで、アメリカ東岸(San Francisco, Los Angeles, Astoria)、Hawaii (Honolulu)方面の航海に就航していた。 日本を出港したら一年本国に帰らない長期三国間航路でした。荷物が冷凍マグロなので、漁獲する現地の漁船の漁が間に合わず、積荷がまとまるまで何も無い現地で長期待機状態が毎航海続いた暢気な航海でした。

今時の船乗りには考えられないのんびりした、多くの自然との出会い、TVも無い、ラジオも日本語放送は殆ど聞かれない、そんな生活を送った2年半余りのよき時代の記録です。