New Castle,Australia


東オーストラリア、ニューキャッスルの写真を集めてみました。
石炭積出のほか多くの貨物を取り扱っている商港です。
美しい港町で、何航海も寄港しました。


オーストラリア東岸 "New Castle"

教会と噴水のある公園   シドニーの北東約70マイルに存在する近代的な商港である。特に石炭の輸出は歴史が古く、日本、中国向けが多い。
港の構造上入り口付近が狭く、大型船の入出港の操船が難しい。特に船舶の大型化が目覚しく、新岸壁の完成、積荷設備の新設などで、接岸岸壁から段々と街が遠くなり、乗組員の上陸の楽しみが遠のいていきつつある港である。

南半球の冬季(7,8,9月)の時期はうねりも多く大型船の満船出港には喫水制限もきびしく、積荷担当の航海士には苦労の多い港だった。
街並みは割合にこじんまりとして、これと言った特徴の無い普通の街であったが、専用船が入港する港 としては大都会だったかもしれない。
年間を通じて観光客は結構訪れていたが日本人観光客は余り見られなかった。
写真は街の中心地付近に存在する公園と教会です。
オープン海水浴場   New Castle には沢山の海水浴場が有り、多くの人が海水浴を楽しんでいます。日本と反対の気候で一月、二月頃が天候も良く夏の真っ盛り。
多くの家族連れ、若者達で海岸通りが賑わいます。客が多いと言っても日本のように「芋を洗う」様な混雑は有りません。
海岸には車も自由に駐車できます。我々も時間が許せば「うに」「サザエ」などを採りに行きました。
日本の夏ほど暑さは感じられず、空気が乾燥している為非常に過ごしやすい。
海水浴場   New Castle の夏。海水浴場は目の保養地

若い女性が一杯

  紫外線など気にせず日光浴を楽しむ
夏のNew Castle 海水浴場は街に近いので沢山の若い女性で賑わっていました。  殆どの女性は日光浴を楽しみ、海に入っている人はあまりいません。 カメラを向けると賑やかに手を振り、ポーズをとり、とにかく明るい女性達でした。
周囲を囲んだ海水浴場   Nobby Hillと波の荒い海岸
波の荒い地域の海水浴場は直接波浪が入らない様に囲いが作られています。一説には鮫が多いので、鮫除けの為に囲ってあるとも言われていました。毎年鮫による被害者は数人発生しているようです。
New Castle 市街   結婚式
New Castle市街と港の眺望   街中の広い公園で結構式を挙げていた。
New Castleの友人たちとBBQ  
New Castleの人達と休日バーベキュウを楽しむ   1974年12月サイクロンでN.C.北方Stockton Beachに座礁した大型バラ積船”SYGMA"。  このままスクラップになって破損した。