マルセイユ
Marseille,France

ブラジルから鉄鉱石を積んマルセイユ・フォス港に寄港したときの写真です。

マルセイユはフランス南東部、地中海のリオン湾にのぞむプロバンス地方にある大港湾都市です。
パリにつぐフランス第2の都市で、南フランスにおける貿易・商業・工業の一大中心地。
鉄道・道路も各地と通じており、北郊マリニャーヌに空港があり、空の便もよい。
19世紀の半ば以降、港湾施設を西へ西へとのばし、1970年代に発展した巨大な石油基地フォスも西方にある。
工業は鉄鋼・化学・プラスチック・金属・造船・石油精製・建設資材・石鹸・食品加工が発達している。

The Sea memorial
マルセイユは海の町であり紀元前600年ごろ、地中海はフェニキア生まれ の船乗り達が、現在の旧港の岸辺に船をつけていました。そこに立つ Sea Memorial は遭難船の乗組員を救助している姿のものである
 
Taxiで街に向かう   ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド教会

タクシーをチャーターしマルセイユの街に向かう

  海抜162mの丘の上にたつのがノートル・ダム・ド・ラ ・ガルド教会。この教会からマルセイユ市街が一望 できる
 
ノートル・ダム教会から見たマルセイユ港   マルセイユ沖に「ディフ城」の島が有る
ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド教会からの展望 地中海リオン湾に開くマルセイユ港   湾の沖はフリウル諸島で、城で名高いイフ島(モン テクリスト伯の遺跡として有名)が展望できる
 
マルセイユ市街   中央左側 Cathedrale de la Major
ショッピング街、カヌビエール大通り沿いの 小さな公園  

サント・マリー・マジュール寺院



マルセイユは神戸市の姉妹都市だそうです。
地中海の産業、商業の中心地で、フォスの臨海工業地帯は膨大な広さの埋立地だった。

地中海ブルーの湾内には、島がいくつかうかんでいる。そのうちに16世紀のイフ城(牢獄として使用されていた)のあったイフ島は、フランスの小説家デュマの「モンテ・クリスト伯」に登場する。
付近にはマルセイユ港をとりまいて砦がいくつかある。

私個人的なマルセイユの印象は、1969年の仏映画、「ボルサリーノ」を思い出す。マルセイユの港町を舞台としたアラン・ドロン主演のギャング映画で仏ギャングが血なまぐさい事件をへて暗黒街の頂点に立つ内容だったと記憶している。
港湾設備の整ったフォス地域の製鉄所は揚げ荷能率が良く、停泊が短いのが残念だった。


街頭の果物販売