マドラス

(Madras,India)  
 
インド南東部の港町「マドラス」。タミル・ナードゥ州の州都。ベンガル湾に面する低い砂地のコロマンデル海岸に位置する。1639年にイギリス東インド会社によって創設された。その後、セント・ジョージ要塞が建設され、周辺へ拡大しながら発展した。現在、インド南部の政治、経済、文化の中心となっている。
インドを代表する主要な港湾都市のひとつで、大規模な人工港があり、皮革製品・鉄鉱石・綿花などが輸出される。化学工場、なめし革工場、紡績工場などがたちならび、商業・製造業の中心地となっている。
マドラス大学(1857年創立)や、使徒トマスの埋葬地に建設されたとつたえられるサン・トメ教会などがある。人口は約468万人。 1996年マドラス(Madras)から正式にチェンナイ(Chennai)と改名された。
マドラスのヒンドゥー教寺院。写真のような寺院をはじめ宗教的、文化的建造物が多い。 港から8kmほど南に存在するKapaleeswarar Templeは見事な建造物で、見学者も多かった。内部を見学するには入場料を支払い、カメラは持ち込み料を取られる。入場するときはすべての人は「履物」を預けることを要求されれ裸足にならなければ見学できない。
 

Kapaleeswarar Temple

Kapaleeswarar Temple

Temple回廊の内部。

回廊の内部 2


Templeの周囲壁面には見事な彫刻があり、着色されている 各所にこのような彫刻像がある。
  
街は活気があり、自動車、輪たく、牛にいたるまで、騒然としている。交通ルールも無いような状態で、人も、自転車も平然と車道を歩き横切るので、見ていてハラハラする事が多かった。

公園には人も牛も一緒にくつろいでいる。 市街地。「輪たく」は涼しくて快適

下半分は石で造られた大きな建造物。何だったのだろうか?

Central Station

赤い綺麗な建物はマドラス中央駅

いたるところでマンゴを売っている。甘くて安い
    
鉄鉱石積み込専用岸壁BD-Ⅱ。鉄鉱石の積込は二台のローダーで行われ非常に早い。(この時の積荷実績4,300Tons per Hour)
乾燥したシーズンは写真のように埃がすごく、デッキを一回りすると真っ赤に埃だらけになリ、居住区内までも埃が舞い込んでくる。
鉄鉱石の積荷役