London,England


船乗りになったら一度はLondonに行かなければ・・・・・・と、先輩船員に言われたことがある。 そんな機会が思わぬ早い時期に来た。  1958年9月22日、東京から航海開始。 東京、横浜で積荷後、西回り一周航路に向かう。  Suez運河を通過し、英国、Southampton, London に向かった。 
その後、数国に寄港、Panama運河を通過し、第13次南氷洋捕鯨船団に合流、1959年2月8日、神戸に帰港した。

総日数: 139日。 総航程: 19,277miles

テームズ河口Shoeburynessから約25miles遡り、Millwall outer Dock(着岸したBerth)まで、河岸も全然見えない濃霧の中をレーダー映像だけで航海したPilotの技術は驚異そのものだった。
市内見学に出かけても、晴れる時間は少なく、全体的に鬱陶しいLondonだったことが印象に残る。

London名物の霧(Fog)はいつ掛かるか判らない。

1894年に完成したゴシック様式の跳ね橋
Londonの名所、Tower Bridgeは船舶通過時は跳ね上がる。


霧の発生でTower Bridgeに近づいても段々見えなくなってくる。

ビッグ・ベン (Big Ben):  時計台の高さは96.3m。
時計の文字盤は地上55mのところに位置している。


バッキンガム宮殿 (Buckingham Palace)
Londonにある宮殿
(女王の公邸)。外周護衛を担当
する近衛兵の交代儀式を見物出来る事で有名

トラファルガー広場: 右側の石の塔の上にはトラファルガー
海戦のネルソン提督が下界を見下ろしています。  

Admiralty Arch.(1912年完成)この巨大建築から南西方向へ1km程行くとBuckingham Palaceに至る。
夜のピカデリー・サーカス。この付近がLondonの繁華街。
Trafalgar Squareから400mほどの場所。



 
近衛兵による交代儀式(仮装行列のようです)
宮殿正面広場に、ヴィクトリア記念碑が建立されている。
ロンドン」名物と同時に重要な観光イベントである衛兵交代式。
赤マントに黒い帽子。カラー写真でないのが残念