Mormugao(Goa)
ゴ ア

  Goa インド西部にある州。19875月に正式に州となるまでは、ダマン、ディウとともに、「ゴア・ダマン・ディウ」とよばれる連邦直轄地を形成し、それら3地区のうち最大かつ最重要地区であった。ダマン、ディウは、現在も連邦直轄地とされている。ゴア・ダマン・ディウの総面積は3813km2。総人口は1271379人(1991年)。州都はパンジム。

主要産物は、米・カシューナッツ・ビンロウ・ココナッツ・マンゴー・チークなどで、漁業も盛ん。そのほか、マンガン・鉄鉱石などの鉱物も産出している。

  古代都市としてのゴアは廃墟となり、そこからほど近い古都、Old Goaも荒廃がすすんでいる。
1440年ごろに町が建設され、1510年にポルトガル人によって征服されたOld Goaには、いくつかの貴重な建築物がのこされている。1511年にポルトガル人アルブケルケによってたてられた大聖堂や、フランチェスコ修道院(1517年)などがある。また、モスクを改築したボン・ジェス教会には、42年に当地で伝道活動を開始したスペインのイエズス会宣教師ザビエルの墓がある。
繁栄をきわめた
15751675年には、約20万人の住民がくらしていたが、18世紀初頭までに、先住民とオランダ人商人たちによってほとんど破壊され、1759年に都は新ゴア(現在のパナジ)へうつされた。

 

街角スナップ

マンゲシーテンプル マンゲシーテンプルに集まる人々

決して清潔でない店で「色付き飲物」を売っている。 日本人が良く立ち寄る店には日本語を表示

多種類の香辛料を売る女性
自然栽培野菜は豊富に売られている 市場の中の洋裁人。注文作成、修理、何でも応じてくれる。

白い砂浜の綺麗な海岸。観光客相手に椰子の実を売っている。
大型カヌーで漁に出る漁師たち

Mormugao港の大型鉱石船積荷役
(積量、能力実績は海燕丸乗船時のものです)
No.9 Berth。大型船はこの岸壁の許容喫水12m(積載量約11万トン)まで積載し、その後沖合い錨地で満載喫水まで追加積載する。(岸壁での積荷能力:約3000 Ton per Hour)。手前は鉄鉱石の山 沖合い錨地では、一万トン級のTransfer Vesselを接舷して満載喫水線まで積み込む。(追加積載量約7万トン、満載喫水線18mまで積荷を行った。錨地の平均積荷能力:680 ton per Hour)