Port Gladstone
 

南回帰線の南側に位置するこの港は年間を通じて気候もよく、隠れた観光地としても結構観光客が来ていました。
しかし日本からの観光客は殆ど見られなかったのは、余り知られていないからでしょう。グレートバーリアリーフも近く、この港からクルーザー観光船(Reef Adventure)が出ていました。
 港は年々躍進し、石炭、穀物、アルミナ、石油製品類、ウッドチップ、雑貨など大型船の入出港も多く大きな貿易港といえます。下の写真の石炭積み出しのTerminalは20万トン級大型専用船が接岸可能で、ローダー一基で4000TPH、二基使用すると8000TPHの積荷能力を有する近代的な設備でした。
 
 
Port Gladstone,
RG TANNA Coal Terminal
 
 
石炭積荷役
離岸出港(着岸船は荷役中)
Pilot下船はヘリコプター

オーストラリアンレストラン「Swaggy's」。
ワニのステーキ、カンガルーテールスープ、などオーストラリア料理専門店。
いつの時期でも果物野菜類は豊富です。

街中はこじんまりした静かな街並み。メインストリートでも車の混雑はなく落ち着いていました。

港付近のサイロの上から撮影した港入り口方向。着岸しているはBerny Pointと言う石炭積出しBerth

河の遠方がGladstone市街。中央桟橋はグレートバーリアリーフ行き観光船の桟橋。

次のページは当港から240マイル北方の Hay Point です。