Gilbert Island
ギルバート諸島

ギルバート諸島(Gilbert Islands)とは太平洋にある16の珊瑚礁の島及び環礁からなる、キリバス領の諸島。 ギルバート諸島にはヨーロッパ人が発見する数世紀前からミクロネシア人が住んでいた。

1960年4月、南太平洋New Hebrides ,Espiritu Santo Id.で働く労働者を集め移送する為、政庁の存在したTarawa島に行き、その後Kuria島、Aranuka島に移動し、25名の人を1,010miles南のSanto Id.に移送した。 どちらの島も周囲をサンゴ礁に囲まれた環礁で人口は200人程の小さな島だった。 当然、港など無く一般商船では寄港することのない島で、本船は沖に漂泊したままの待機、船外機を付けた小型ボートでたった二人で潮流の速いサンゴ礁海域を航走して上陸した。 労働者の交渉にはSanto Idから便乗した宣教師、Tarawa島から同乗した政庁の人が現地住人を集めて交渉して25名を募集したらしい。
下の写真は、集会所で交渉会議中待機していた時間に撮影した思い出写真です。


記念写真が大好きなGilbert Idの子供達
カメラを向けると皆寄ってくる。 
写真を知っていたのかみんなそれぞれにポーズをとって大騒ぎ。
アラヌカ島の娘さん
若い女性の服装?。 腰巻でなく、腰蓑を付けていた。
子供たちは腰巻一つで、小さい子は素裸が何人もいた。
沢山の子供に囲まれて・・・・
子供たちは写真撮影が何なのか知らない様子。
皆が集まり並ぶから並んでいるようで、純真な子供たち。
「両手に花」と云えるだろうか?
女性も腰巻一つで自然の姿で生活していた。
アラヌカ島のMain Street。両側は海(クリック⇒地図)
Aranuka Id.のメインストリート。両側は海。 道路は500m程で終点になる。
TVも無い、ラジオも無い、文明社会を知らない素朴な原住民だけの生活で
時間さえ太陽の移動で判断していた。 自然な時の流れを満喫できる島。
写真クリックでGilbert諸島の地図表示