Gijon,Spain


Gijon(ヒホン):スペイン北西部、アストゥリアス自治州の港湾都市。イベリア半島北岸にあり、ビスケー湾に面しているスペインの重要な貿易港。石炭、銅、鉄鉱石、亜鉛をはじめとする鉱物資源、魚介類、農産品がここから輸出される。おもな工業製品は、鋳物、繊維、紙、石油、砂糖、タバコ、化学製品、ガラス、磁器など。人口約27万人(1996年)。

1480年に港の建設がはじまり、16世紀後半に要塞化、さらに1788年に港湾施設がととのえられ、主に西インドとの貿易に利用された。

ヒホンの街角風景。スペインらしさはあまり感じられない外国の一般的風景でした。
市中の交通には沢山のバスが走っています。

Corrida通りのレストラン

古い建物(銀行だった)と近代的ビルディング

石造り古い建物の裏町通り

スペイン北部ビスケー湾に面したSan Lorenzo海岸
水温17〜18度で海水浴。
 San Lorenzo海岸の教会 Iglesia San Pedro



 
ヒホンの貿易港 Harbour of Musel

東オーストラリアHay Pointから、オーストラリア南岸、南インド洋、アフリカ喜望峰を回り13,337マイルの航程を52日16時間の航海(主機出力50%維持)で到着した港”Gijon”。(石炭輸送量:65,000 K.Ton)