Chile,S.A.


NSC室蘭から約9300マイルの彼方,15knotで航海して、約26日掛かる遠い 国チリーです。南半球、太平洋に面した南北に長い国Chile。
広大な太平洋を北半球から南半球へ、途中寄港することもなく、空と海だけを眺めて続く航海の毎日。
日本との時差−13時間。遠い遠い国なのです。この国の数港から積出される鉄鉱石。
往航はバラスト海水を積んで貨物無し。復航は6万トンの鉄鉱石を積んで日本の製鉄会社へ 。そんな海のダンプと云われる航海が続きました。
日本を出港して、鉄鉱石を積んで日本へ帰り着くまでの一航海、約2ヶ月。2ヶ月の間に北半球と南半球、夏と冬を交互に迎える季節の変化が頻繁にやってくる厳しい航海でした。

南北に長いChileは、人口も少なく、港町といっても静かな田舎町程度の素朴なところでした。

 ◎ 鉄鉱石積出しで寄港した港: Coquinbo, Caldera, Chañaral, Guayacan が主要港でした。

 

La Serenaの要塞。軍の施設になっていた。

 

中には入れなかったが近くまで見学できる。

 
Chañaralの街は坂が多い。住宅街はご覧の通り。   Chañaralの学校前。ボーイスカートの集まり。
 
 La Serenaの公園には、彫刻が沢山有りました。           夜のCoquinbo繁華街

Chileは「3Wの国」とも言われます。W-1=Weather, W-2=Wine, W-3=Woman  即ち、天気が良く、ワインが良く、女性が美しい・・・・・と云うことです。確かにそんな気がしました。遊ぶことの好きな人種らしく、生活環境と比較すると、競馬場は立派でした。写真はCoquinboに程近い、La Serenaの競馬場です。

 

La Serenaの競馬場は大変賑わっていました。観客は上流階級の人が目立っていた。
 

 
Caldera の海水浴場。写真は2月の海水浴場。水温20度ほどでした。   葬儀屋の馬車らしい。後に数台の車が付いていました。 マウスオンの写真は、チリーの若いお嬢さん。
 

街頭写真屋のおじさん。1970年の写真です。 

 

公園で遊ぶ子供達。 

p>