Cagayan de oro
Philippines


ミンダナオ島の北部に位置する街、人口約50万人のカガヤン・デ・オロ。昔は金が採掘されたという街です。  US, NOLAからコークスを輸送、寄港した港で製鉄所と町の中心は約22km程離れており、乗合タクシー「ジープニー」で約40分 位かかりました。
製鉄所近くには裕福とは思えない部落Villa Nuevaがあり、付近は貧困、泥棒が多いので一人ではその方面に行かないように注意されました。

フィリッピン人は生活が裕福ではないといっても、明るい人たちが多く、大変なフレンドリー。 街を歩いていると寄って来た若者から声をかけられ、気が付いたらいつの間にかガイドになっている。 料金を要求するわけでもない。 ビール一本でも奢ってやればそれで納得していた。  

そんなカガヤン・デ・オロの思いで写真です。

フィリッピンの花:: ブーゲンビリア
フィリッピンの花はブーゲンビリア。道端にも、住居の周囲にも、どこにも咲いています。 船内で育てていたらフィリッピンクルーから「この花はフィリッピンの草だ!」とのことでした。 ところ変われば珍しくも無いのです。
マウスオン写真は、のんびりしたVilla Nuevaの田園風景。

 

ミンダナオ島の製鉄所

カガヤンの北方に存在する製鉄所。
安全作業標識は日本式に書かれていた。

  岸壁には常時銃を所持したガードマンが見張りしている。荷役設備もよく揚荷は結構早い
 
街路で品物を売る人が多い。
タロイモを売っていた親子?


市場らしき出店のある通り。沢山の人で賑っていた。衣類、生鮮食料、日用品、何でも有ります。

市場で魚を解体していたおばさん。鮮やかな包丁捌きでマグロを解体していた。

乗り合いタクシーのポン引きが、日本人に一生懸命誘いをかけてくる。 ”要注意。”

フィリッピン名物の乗り合いタクシー「ジープニー」
安価なバイクタクシー
街中を走る沢山の乗合交通。バイク乗合、ジープニー、定員制限も無く客を一杯乗せて走っている。
「バイク乗合タクシー」=バイクにリヤカーのような小屋を取り付けて客席にしている。客を乗れるだけ乗せてやっと走っていた。
 
停泊中はカヌーが接近、物売りに来る
木の実を食べる子供  
停泊中は沢山のカヌーが寄って来て物売りに余念が無い。主として植物が多く、物々交換。
ラーメン、タバコ等と交換していた。
近くの部落で見かけた姉弟らしい。木の実を取って分けて食べていました。さくらんぼの様な一寸甘い実だったが名前はわかりません。