南 氷 洋
読み込み中!

 
 

南氷洋捕鯨: 昔は「捕鯨オリンピック」と言われた。世界の船団が南氷洋海域に集結し、決められた海域で国際的に漁獲量を競った。夜の来ない白夜の海域で、日にちの区切りもわからぬ昼間ばかりの毎日を、海だけを眺めて作業の続く数ヶ月。太陽が見える日は少なく、曇天続きの日々は天気が安定していたが、晴れて沈まぬ太陽が水平線に接しないまま昇っていく現象を綺麗に望見出来た後には時化がやってくる。

南緯40度付近から始まる暴風圏は、必ず通過しなければならない連日時化の続く最大の難所。「咆える40度線」「荒れ狂う50度線」「唸る60度線」・・・想像を絶するようなうねりの連続。波間に入った大型船も姿が見えなくなる。捕鯨の盛んな時期には日本は7船団も参加した年もあった。

商船乗りでは滅多に味わうことの無い、数日間も続く巨大うねりの荒れ狂う海域を通過したら、そこには南氷洋捕鯨漁場が展開する。急に気温も下がり、流れ氷山が時々視界不良の航行海域を漂っている。

数ヶ月は続く自然との戦い、究極の男の職場、漁獲目標を達せられなければ帰国の予定すら立てない。 第12次(1957〜1958)、第13次(1958〜1959)、第17次(1962〜1963)、第19次(1964〜1965)に参加した。 古い記録のスライド写真には、時代を思わせるカビが発生して変色しているところが目立つ。 大規模な捕鯨漁業は廃止に追い込まれ、今は調査捕鯨だけが行われているが、それさえ反対派に妨害されて苦慮しているのが現実である。