高 見 丸
M/V TAKAMI-MARU

高見丸 172,428 DWT

  Gladstone停泊、石炭荷役中

五葉丸と同形船で、三菱長崎造船所で建造された。 船内構造は殆ど同じだったが、操船性能は五葉丸より劣ったように記憶する。
乗船中の主要航路は、Canadaからの石炭輸送、東オーストラリアからも石炭輸送だった。


船 内 案 内

吹抜け構造のNavigation Bridge  

Funnel Mark

五葉丸と同型の吹抜けNavigation Bridge

 

新和Lineチャーター後のFunnel mark

航海船橋

 

Control Stand

Navigation Bridge

 

総合事務室に隣接の主機、荷役コントロールスタンド

General Office

 

Hand railにカモメの整列

総合事務室、航海中はミーティングルーム  

かもめの群集。木更津沖停泊中。

Dining room

 

Japan TATAMI room.

食堂は丸テーブルで職員、部員も一緒

 

和室娯楽室。床の間はフィリッピン乗組みのカラオケ舞台

X'mas Partyを楽しむフィリッピン乗組員

   

フィリッピン船員との混乗船も何隻目になった船だったか記憶に無いが、常に数人の顔見知りが乗船している事がお互いに懐かしくも有り、信頼できるようになった。
しかし変わり種も常に数人いるものである。
この船のメンバーはパーテー好きが多かった。酒も飲まずに歌ったり、踊ったり、明るく賑やかな人達。  上右写真の和室床の間は、彼らにとって格好のカラオケ舞台、芸達者が沢山居た。
少数日本人職員は圧倒され気味だった。

 


 

= トピックス =

1994年9月29日、名古屋NSCで揚荷中台風26号の接近で伊勢湾内に緊急避難した。  それまでは、伊勢湾は広いと思っていたが100隻を超える船舶が安全な場所を求めて避難錨泊。伊勢湾がこれほど狭く感じたのは初めてだった。

同夜半に紀伊半島南部に上陸した26号台風は北北東に向かって猛スピードで通りぬけ、 錨泊中の最接近距離は推定わずか30マイルだった。 瞬間最大風速49.5m/sec.を記録。巨大船が狭い湾内で遭遇する台風がこれほど恐ろしく感じた事は 長い海上生活の中で始めてだった。
台風一過後、同湾N造船所で建造中の巨大船2隻が揃って流され、近くの海岸に座礁していたのが目視されていた。
 

1995年1月17日早朝、関西地方を襲った関西大地震の発生ニュースを聞いたのがカナダから帰国途上の航海中で北太平洋のど真ん中だった。 日本着までの6日間、日増しに大きくなる被害の状況には驚かされた。