NSS ADVANCE

日本国籍船が減少、 日本人乗組員の減少で殆どが混乗船時代となってきた。
新造船は最初から船舶所有国が日本以外の国籍として建造され、日本人船員も外国船乗組員となる。
船名から判断して日本人が乗船しているか否か解らない時代になってしまった。
佐世保重工業で艤装期間中は、国籍の違いによる種々検査基準の違いなど色々な船を取り巻く環境の変化を味わ った。 この船が完成された時期にパソコンOSの Windows 95 が始めて発売されたことが記憶に残る。

NSS ADVANCE 173,246 DWT   佐世保沖にて公試運転中

主機Full運転中のSpeed Trial

   

佐世保沖で公試運転中のNSS ADVANCE

NSS ADVANCE 船首   Z-steer,Sea Trial

46mの船幅を船首方向から見る。

  Z-操舵テストの航跡 。 全速力で航走中にジグザグ操舵を行い、船体回頭の状態を実測記録している大事なテスト
巨大煙突が造船所内を移動中  

Screw Propeller & Rudder

造船所構内を巨大煙突を移動中

 

 

船内諸設備は近代化船から一変して極めてシンプルに なった。 主要な設備は一層進歩し、特に通信関係の諸設備は衛星を利用し、TELEX, FAXが主体になり、モールス通信は廃止にな った。
 一方では近代化構想に基づく、乗組員減少対象の自動化諸設備が省略され るようになった。

引渡し間近になった建造中の造船所では、試運転、諸設備の取扱い、点検、法的検査の数々、艤装 品受取り、処女航海が始まるまでには殺気だつ雰囲気の日々を過ごした数日だった。
もっとも殺気立っていたのは少ない日本人船員だけだったのかも知れない。 フィリッピン船員は 指示された作業のみで、至ってのんびりと過ごしていたようです。
出来上がった「巨大な移動構造物」は1995年9月29日、竣工の日から立派な「船」に変貌し、 処女航海から予想通り乗心地も良く快適な航海を開始するに至った。 主要航路は East Australia, West Canada に就航した。
 

 

Navigation Bridge

Radio Space

球状船首とドラフトマーク
マウスオン⇒パナマ国籍船にはパナマ国旗を!

:航海船橋  下:船橋内の無線通信スペース

職員食堂 部員食堂 総合事務室

職員食堂

部員食堂(フィリッピン船員専用)

総合事務室

 

処女航海: 東豪州、Gladstoneで石炭積み

 

Gladstone 積荷中の夕暮れ

いつも明るいフィリッピン船員たち(航海中の新年祝賀)

 

 この船を最後に定年退職を迎えるまで、 東豪州、カナダ西岸方面へ順調な航海を続けました。
多くの乗組員の支援協力により安全なる航海を成就出来ましたことを心から御礼申上げます。