日 武 丸
M/V NICHIBU-MARU

変った航路に就航した想い出深い船である。鉄鉱石、石炭だけでなく、コークス、穀物などバラエテーな貨物を輸送していた。
不定期な航路で太平洋海域では北米、フィリッピン、豪州など、また西回り世界一周航海。 積荷に依って右往左往したような航海に就航していた。

1985年8月12日、小名浜港を出港 9日後 に、日航ジャンボ機御巣鷹山墜落、乗員乗客520人の犠牲者を出した大惨事をFAXニュースで聞きながら豪州東岸に向かっていた。
積地豪州では、わずかな情報を聞いただけで出港、 その後53日間航海し Gijon(スペイン)に到着 したときに日本から送られてきた古い週刊誌であらためて大惨事だった事が知らされた。

日武丸 65,125 DWT

 

乗組員減員を対象にした近代化船と違い、諸設備は非常にシンプルなものであり、当時としては乗り心地よい船だった。
バラエティーに富んだ航路に就航し、多くの経験を味わった忘れられない想い出多き船だった。
  Mississippi Riverを河口に向かい出港していく日武丸。(1985-01-08)
当時、近くで停泊待機していた他船の航海士が撮影した写真で、このホームページに掲載されていることを知り、ご親切に送付されてきました。
現在は某社で工務監督をされているそうです。
(写真をクリックすると拡大されます)

Panama Canal ⇒click   ★左はパナマ運河通行中
1914年に完成した人工運河。太平洋側ロックから大西洋側ロックまで全長 69.1 km 。太平洋側、大西洋側とも 3段階で 26m上下する。ロックの幅が 33.52mで、通過可能船舶の最大幅は 32.2mに規制されている。
運河通行所用時間は平均 8.5 時間程度だが、到着後の通航手続き、待ち時間の停泊時間を含めて大体 20時間。

南北アメリカの一番狭い地点、一番低い地点を選んで建設されたが元来この地点は海抜100 m を超す山のある起伏の激しい山岳地帯であった。
途中のゲーラーズカットは110mの山を切り開いた運河建設の最大の難所。全長約 15 km、 幅 152.4mを通過するときの眺めは美しい。人工運河の完成は1914年。

バラ積み玉蜀黍の揚荷

名古屋港、日清製粉岸壁で米国産トウモロコシの揚荷中

Mindanao Id.Philippine

 

DBCT. Hay Point,East Aust.

フィリッピンVilla NuevaのPSC(Philippine Sinter Corporation)でMississippiからのコークスを揚荷中。

 

オーストラリア Hay Point で石炭積荷中。
平均積荷時間= 4,500 ton/Hr.
6万トン級の船が接舷しても満船状態に近づくと、船体はこんなに低くなり上陸できなくなる。積荷設備のコンベアーも輸送量も早くすばらしい設備だった。

Navigatin Bridge

 

Fire Station drill

航海船橋とChart Table

 

航海中の消化訓練

General Office

 

Captain's Cabin⇒

綺麗な大型刺繍額の有ったサロン/総合事務室

 

Captain's Cabin /Bed Room/Bath room

Funnnel Mark 書換え作業 Funnnel Mark J-Line⇒日鉄海運
船主からのチャーター船のため、社船マークに書換え作業中。
大西洋アフリカ西岸航海中に、動揺する中の危険な高所作業だった。