NEW HARVEST
(新 豐)

 20万 DWT(114,410 GT)
 国籍:PANAMA

 台湾中国人の乗組員と混乗、約 8ヶ月乗船。
 西豪州と日本間の鉄鉱石輸送専用。

喫水が深い巨大船は積地、揚地共に制限され西オーストラリアと日本の特定製鉄所との定期船でした。

New Harvest 長さ=315m、幅=50m
国籍は違っても「箸」を使用する生活環境の人達はいろいろな習慣が良く似ています。
コックが台湾人で毎日バラエティーに富んだ家庭的な中華料理を提供してくれ、「沢山の味」を味わいました。やはり中国系の人は料理の腕を自慢するだけ有ります。
大晦日と旧正月は盛大に祝い、仕事を忘れるほどの無礼講を展開していました。
義理人情に厚い人達で、もう一度乗船したいメンバーだったと思っています。
Fishing at Port Dampier,Aust.
釣り大好きのカーペンター。
仕事が済めばいつでも釣りを楽しんでいました。
道具に余りこだわらない割にはいつも大物を吊り上げ、自慢していましたが、獲物の料理は全然駄目でした。
日本人との乗船も多く、刺身も抵抗なく食べていました。
ロープ修理作業

ダブラー係船用ロープの修理作業。
太く特殊な編み込みロープなので、日本人乗組員以外は誰も修理した経験者が無く、職員も含めて甲板部全員で一生懸命勉強していました。
(修理指導者は日本人です)
                 

日本人全員交代下船送別会。  
8ヶ月の乗船期間中「中国語」は解らなかったが優秀でよい乗組員達だった。

下船送別会

名古屋港NSC岸壁で鉄鉱石の揚荷中

船名 船籍港

川重坂出工場で塗装も終えた「新豐」