京 見 丸
M/V KYOMI-MARU

京見丸 171,306 DWT  
巨大省エネ船「邦英丸」に続いて、省エネ船の第2船として建造された。
推進器は三翼直径 8.90mの可変ピッチ(CPP)を備え、燃料消費量を大幅に節約していた。
1986年に乗船したときは、乗組員減員の近代化実験が始められた当初で、航海関係の諸設備は、近代化実験船に適合する様あらゆる設備が施された。そして乗組員は極端に減少された。

インド西岸の鉄鉱石積み取り航海就航時、インドのパイロットに「高価な設備を設置し、労働力の乗組員を減員する事は決して得策にならない。船体はメンテナンスで維持されるものだ」と言われた事が印象に残る。

北九州 NSC 戸畑   Goa,India 他船と接舷荷役
乗組員減員の代償に生活環境は大いに向上した。
乗組員キャビンには全室バス、トイレ付き、更に冷蔵庫も全室設置 、乗組員減員の為の大変な進歩だったのかもしれない。
乗組員減少と、個室設備が良くなったことで、今までの様に公室に集まり、酒を飲み、カタフリを楽しむ機会など、皆んなで余暇を過ごすことが極端に少なくなり孤立化が当然の結果として現れた。
近代化構想が招いた船員たちの船内生活に、仕事以外での人間関係が疎遠になったことは事実である。

京見丸船内案内

Navigation Bridge   General Office

Navigation Bridge

 

主機関制御、荷役制御、事務一切の総合事務室

Meeting room   Captain's Cabin

総合事務室ミーティングテーブル

 

Captain's Day Room(船長公室)

Japanese Tatami room   豪華なサロン

たたみルーム(娯楽室)

 

サロンは豪華な造りだった

Pubric Bath   Recreation room

洗濯室とパブリックバス=広く、壁画が綺麗

 

娯楽室&止り木のあるバーカウンター


  写真をクリックしてください。
2003年2月、中国・広州のドックで入渠中の、旧「京見丸」(現 BIG BANG)。
現在ギリシャ船主がMAJUROに便宜置籍して運航しているそうです。船齢18年。でも外観は綺麗ですね。

この写真は、ホームページにアクセス頂いたご親切な造船技師(工務監督)から送られてきた貴重な最近の写真です。