海 燕 丸
M/V KAIEN-MARU

海燕丸 182,212 DWT

     

名古屋港NSC岸壁

 

Main Engine 18,830 HP

ブリッジにエンジン集中制御監視装置、荷役制御監視装置を装備し、時代の最先端のシステムを装備した近代化船。
特に機関制御監視装置を機関室から切り離し、航海当直の船橋に設置したことは当時としては飛躍した発想であったが、後には色々な問題も多く発生していた。
乗組員はフィリッピン船員と混乗で、設備が進みすぎた船には追従しきれず苦労していたようである。


 

円形の船首構造

 

航海中

球状船首ではなく、たらいの様な中央の無い特殊な円形船首

 

凪の海上を航海中

General office

 

船内の炊事場=ギャーレー

総合事務室

 

Ship's Galley

錆打ち作業

 

Captain's Cabin

フィリッピンクルーの船体手入れ作業

 

船長公室と寝室(オンマウス)

Boat Station drill

フィリッピン船員と救命艇降下訓練

救命ボートの降下

 

高い煙突のマーク書換え作業

 

=受取りと返船=

受け取り 1991年8月末、前任乗組員全員下船。
混乗船としてフィリッピン乗組員を含めて全員初めての船に交代乗船となる。
わずか 3時間で全てを引継ぎ翌日早朝出港、Canadaに向かう。全員が初めての船で、右も左も解らぬ上に、フィリッピン船員の技能さえ解らぬままで、良く無事に航海できたと思います。

返船 1995年5月に再び乗船。どう云う因縁か、今度は返船に付き合う事となる。 ファンネルマークを塗り替え元の船主のマークにして、最後の揚荷終了で前任乗組員は全員下船し、新たな全フィリッピン船員編成の新会社に引渡しに従事しました。