邦 成 丸M/V HOSEI-MARU

邦成丸 151,220 DWT
主要航路は豪州東岸、カナダの石炭輸送。インド東岸の鉄鉱石積み取に就航し苦労した想い出も有ります。

近代化船として乗組員は少なくなり多忙な毎日が続くと、人々の交流が少なくなり、寂しい雰囲気に変ってきました。
後にFOC船となり、フィリッピン船員と混乗生活するようになり人数も増えて、賑やかな生活になりました。
二度の乗船勤務で17ヶ月あまり乗船しましたが平凡な航海が続いた精か特別な印象に残る事柄も有りません。

救命艇操練
毎航海実行されている端艇操練。
乗組員は救命胴衣を着用。艇は水面近くまで降下する。
停泊中ならば、着水、航走訓練を行う。
Pilotヘリコプター着船
オーストラリア各港はパイロット乗下船にはヘリコプターが利用されている。

写真クリック ⇒ 上甲板写真

邦成丸船内スナップ写真  

満船航海。デッキに飛込む海水  

荒天航海

 

船首先端をデッキから見下ろす。水面まで約10m。

  Fire station drill.

レーダーマストから煙突、Poop Deckを見る。

 

防火防水部署総連(右二人はフィリッピン・クルー)

CCR⇒Loading calc.PC ⇒クリック 職員サロン   Engene Control Room ⇒工作室

荷役コントロールルーム⇒荷役コンピューター⇒職員サロン

 

機関室総合コントロールルーム⇒(オンマウス)工作室の工具