邦 隆 丸
M/V HORYU-MARU

Madras,India   

日立造船(株)有明工場 建造
   総トン数:      74,815.58 tons
   重量トン数:   132,597 tons
       L=270.0m,   B=43.0m ,  D=23.8m
   Main Engine:   Hitachi B&W Diesel  20,500 HP

数々の最新設備を備えた近代化仕様の船。船型も良く、大きさも手頃な船で操船性能のよかった船である。
オーストラリア、カナダ、インドを主な積地として、鉄鉱石、石炭を日本向け輸送していた。

冬季 Bering sea の氷結

特に冬のカナダ航路の連続往復は、荒天、濃霧、氷結などに悩まされ、その苦労は経験したものでないと筆舌に現わし難い。  
甲板上のすべてが氷に覆われ原形をとどめていない。右側の階段状の氷はハッチ開閉用のチェーンで、少し上の半円状の物体はハッチカバーの開閉ローラーです。
左側は係船用ウインチのホーサードラム

Horyumaru Driveと標識の拡大
豪州石炭積み出し港 Hay PointDBCT と称する積出しバースが有ります。
1983年11月、このBerth 完成時に第一船として接岸、石炭積込みを行ったのを記念として、州政府の港湾局はこの港湾管理ビルに通じる道路を"HORYUMARU DRIVE"(邦隆丸道路)と命名し、この船の名が永久に道路名として残されています。

HORYUMARU DRIVEはこの丘に通じている道路


Gladstoneで石炭荷役中


危険な高所作業

豪州石炭積み出し港 Gladstone 、Clinton Berth で積荷中。
航海中の煙突塗装作業。揺れる航海中は凪のタイミングを見て実行する危険な高所作業です。
Main Deck構造物の氷結


No.7Holdはヘリポート

2月のベーリング海航海、デッキ上の氷の芸術

 

豪州各港はパイロット乗下船はヘリコプターを使用。


 

Captain's Day Room

Gladstone,Qld. の友人夫婦

 

Captain Day room(上) & Bed Room(下)

 

Captain's Bed Room