邦 穀 丸
M/V HOKOKU-MARU

邦穀丸 68,192 DWT
広島県三原の幸陽ドック(株)で建造された本船に艤装から派遣され色々と勉強になった船である。一方、当地の銘酒は「酔心」と言う事で、毎日おいしい酒を味わえた事は忘れられない想い出で もある。
1986年4月、処女航海は豪州⇒パナマ⇒テキサス⇒ニューオルリンズ⇒パナマ⇒ロングビーチ⇒日本の長期航海だった。豪州 Weipa からアルミの原料ボーキサイトを積んでテキサスに向かった処女航海は、パナマまで赤道付近を東へ東へと8,880 mile,28日間の航海。
当時「76年に一度の接近」として話題になっていた「ハレー彗星」を毎夜キャビンの窓から寝ながら眺めて航海していた幸せが忘れられない。
幸陽ドック(株)竣工引き渡し式
テキサスのコーパスクリスティーに停泊中、激しい雷雨に見回れた。
雷鳴と閃光は間断なく続き、すべての音が掻き消されてしまう。近くの精油所のタワーに巨大な稲光が真上に貫き、一瞬目が眩み轟音の凄さとスケールの大きさには肝をつぶした。
そして翌日には Gulf海域名物のトルネード(竜巻)警報が発せられ、夕方ごろから次々と押し寄せてきた不気味な暗雲と20 m/secを超える突風に見舞われ乍ら保船が精一杯。幸いに遠くを通過していったが、こんな不安な日を過ごした忘れられない思い出がある。
さすが本場の激しい気象状況の変化をいっぱいに味あわせてくれた、今では懐かしい語り種になっている。
ミシシッピー河、ニューオルリンズ
ミシシッピー河に面したNew Orleansの町並み。

高層ビルの立ち並ぶ新しい町並みとは反対に古い歴史ある街もある。この巨大いな長い河は、大型船でもセントルイスまで遡る事が出来る。
途中には何本の橋が架かっており、船舶の水面上からの最大高さが制限されることがあり、航行するときは通過時間の正確な高さ情報に気を付けなければならない。

Panama canal zone

パナマ運河通過待機船錨地、と (⇒マウスオーバー)混雑するガツン湖閘門入口付近

賑やかな食事時間

 

乗組員食堂   全員揃って和やかな食事タイム

Cabin 1

 

Cabin 2

Captain's Day room.   Captain's Bed room.