邦 英 丸
M/V HOEI-MARU

邦英丸 208,739 DWT

 

広大な上甲板と三角形Bridge

重量トン数: 208,739 tons
      L=315.0m, B=50.0m , D=24.6m

 

居住区のFrontは風圧抵抗を極力少なくする様に
傾斜線形としていた。

航海船橋

 

荒天航海

Navigation Bridgeの各種航海計器。超大型船
を操船するのに手際良い配置に纏められていた。

 

荒天航海時の操船性能の悪さ、速力低下は極端で、時には風上に向首する事さえ困難を極める事度々あり、航行船、漁船の多い日本近海の航海は難所だった。

=三角Cabinの弊害=

居住区のFrontは風圧抵抗を極力少なくする 目的で傾斜線形としていた為に居住区に三角形のCabinが沢山有り、 家具類の配置、三角コーナーなど、居住性が悪く極めて住みにくかった事を記憶する。

夜間航海中、Cabinの窓から外を見て、正面(船首方向)を見ているつもりが、斜め方向を見る状態になり、他船のライトが正面に見えている錯覚を何回も経験したものである。 乗船経験したものでないと判らない事だろう。
この時期に建造された船は、全キャビンにバス、トイレは標準装備され、更に全室冷蔵庫の備え付けもあり、居住環境は大いに向上したが三角形のCabinには決して馴染めなかった。

 
左下の作業員と比較
直径11m(重量76トン)、 三翼可変ピッチプロペラを装備した超省エネ船。
この巨大な舶用プロペラはギネスブック1984年版に掲載された。その後もこれより大きな舶用プロペラが製作されていなければ、現代版ギネスブックに引き続き掲載されているだろう。 (騎虎書房1993年版、「ギネスブック=交通−船」の項目に掲載されていました。)
 
船型を巨大化し、主機のパワーを小さくして燃料消費量を押さえ、その分大きな可変ピッチプロペラを低速回転(40〜45回転/分)で維持し、
推力を得る事を考案して建造された超省エネ船だったが、操船者からするとこんなに操船の難しい船は他に類が無かった。
やはり大きな図体には、図体に有ったパワーの主機が必要である事が、あらゆる場面で痛感させられたものである。
Main Radar scanner Bridge wing Gymnasium
レーダーマストトップ、遠距離用レーダースキャナー

Navigation Bridge  Portside

広い体育室

鉄鉱石積荷中 Port side Draft mark

毎時6,000Tonで鉄鉱石積荷中

16.40mを示す中央部喫水。(約16万トン積載)

空船状態の3翼CPP