邦 安 丸
M/V HOAN-MARU

  

初めて船長に昇職 しびくびくしながら航海したのがこの船である。
艤装員として建造中に隅々まで知り得た船だったので新米船長にはおおいに助かった、船だったと自負しています。
殆どの航海はオーストラリア東岸の諸港から日本向け石炭輸送。西岸から日本向け鉄鉱石の輸送に従事していました。
1985年にはオーストラリアの長い港湾ストライキで50日あまりNC港外に錨泊。多くの船がひしめき合って停泊していましたが、毎日魚を釣りあげて新鮮な味覚を楽しんでいました。


							
舞鶴・日立造船所で建造中
1975年、日立造船(株)舞鶴工場で建造された。
艤装一等航海士として4ヶ月間舞鶴に滞在し、仕事に、遊びに精を出していた沢山の想い出が有ります。
舞鶴を中心として北は能登半島、西は大山、南は大阪まで暇を見てはドライブして周り、マイアルバムには沢山の記録が残っています。
このサイズの船はパナマックスサイズ規格船で、パナマ運河を通行できる最大船型に設計された大きさの船型でした。
荒天の北太平洋を航海中

積荷貨物は石炭、鉄鉱石を主とした船型だが、穀物も積載できる資格を有していた。

主要航路は東オーストラリア(石炭)、西オーストラリア(鉄鉱石)、アメリカ西海岸(石炭、コークス等)の輸送に従事していた。

パナマ運河通過できる最大船型で、通称PANAMAXと言われていたが、乗船中にはパナマ運河を通過することは無かった。

球状船首  

M/E 16,000HPのScrew propeller

球状船首、アンカーチェーンでペイントの剥離  

五翼推進器と推進効率を上げるHZノスル

停泊中の邦安丸  

ライフラフトの降下テスト

停泊中の邦安丸

 

ライフラフとの落下実験 マウスオーバー⇒クリック
マウスオーバー=落下着水、コンテナ開放
クリック= 完全解放したライフラフト