五 葉 丸
M/V GOYO-MARU

五葉丸. 179,802 DWT
カナダ、オーストラリアの石炭、鉄鉱石輸送を主としていた。

それ以前は、長期間日本に帰国しない三国間航路に就航しており、大西洋、地中海方面が航海舞台だった。幸いにも長期航路就航の時代に乗船しなかったので、当時の苦労話は随分聞かされました。
乗組員構成はFOC船でフィリッピン船員と日本人の混乗船。

 

 

写真はRoberts Bank, CANADAの出港時。
これだけのTug Boatを使用して離岸させる。

Vancouver 出港待機
自動甲板洗浄
この時代の船は設備も大変良くなり、自動化機器も当然の設備になった。乗組員減員の為に考えられる設備は殆ど採用されており、フィリッピン船員も苦労して勉強していたようです。

左の写真は自動甲板洗浄機を運転して、広い甲板を洗浄している。

Passage
右舷から左舷方向を見た居住区Passage.。あちらのサイドまで約30mあります。
乗組員食堂
乗組員食堂。
テーブルはすべて円形で豪華版。

職員、部員の差別無く、乗組員食堂は一つに纏められた。これも合理化の一端になる。

係留装置

 

吹抜け式居住区

大型船の係留策ボラードは自動離脱方式

 

Bridge下は吹抜けで、風圧抵抗を軽減している

Upper Bridge

 

機関室Ventilator

衛星通信ドーム(右下)とレーダーマスト。

 

吹抜けBridge下の機関室巨大ベンチレーター。

和室-たたみルーム

 

Officer's Rec.Room

和室レクリエーションルーム(16畳だったか?)

 

Officer's Saloon room