河童(かっぱ)とは水の中に生息する手足に水かきの有る、想像上の動物といわれています。
ホームページ上には河童に関する伝説、面白い記事などが沢山掲載されていますネ。

船乗稼業とは船を生活の場として常に水(海)の上で生活している職業であり、
その生活が河童に似ていることから「かっぱ」と言われる所以なのでしょう。
俗に、
陸に上がった河童、(即ち船乗りが陸上に転職したり、廃業して陸に上がった人。)
河童の干物、(年取った昔の船乗り)・・・などと呼ばれることがあります。
即ち、船乗りは「河童」と同じと言うことなのでしょうか。

そんな河童が現役時代に色々経験したこと、趣味で撮影した写真など、
公開したこのホームページを「河童のあしあと」と名づけました。

陸に上がった当時の河童は水が恋しく、海に帰りたくて何度も乗船している夢を見たものでした。

しかし年月の経過は河童を陸に住む人に変遷し、船の操船は車の運転に変わり、
沖から見慣れた野島崎灯台も、今では陸から眺めて満足しています。

そんな日々を送りながら昔を懐かしんで海を眺めて河童の干物に近づきつつあるようです。



戻る