雪国・冬景色
 

一冬に一度の雪が降るか降らないかの暖かい地方に住んでいると雪景色が見たくなります。
(豪雪地帯に住んでいる人たちには、冬を過ごすことは大変な苦労も多いと思います。)
そんな豪雪地方を求めて一月末の雪の多い情報を聞いて、青森、秋田方面に行ってきました。
雪国の人達には決して珍しい写真ではありませんが、そんな雪景色を掲載してみました。

色の無い白黒だけの世界。無風の時には木の枝にも積雪している

 

朝早くから除雪車が雪かき作業 家までどうして行くの

氷柱(つらら)のある風景 長さ1m以上もあるつらら

雪国

白一色。灰色の世界。墨絵のような・・・・色々な表現ができる銀世界。とにかく綺麗だった。しかし、こんな無責任な表現は雪の無い地方に住んでいる私たちの言う言葉らしい。
豪雪地帯に住んでいる人たちには苦労の多い冬の季節。欠かすことの出来ない毎日の雪かき、屋根からの雪下ろし、大変な仕事が毎日発生しているようです。「早く春が来てほしいですね」と本音を聞かされました。

 
戻る