新造船見学の写真

2003年4月末、建造中の大型バラ積専用船の見学に行って来ました。

M造船所の広い構内をバスで監督事務室まで赴き準備されていた作業着に着替え、ヘルメット、安全靴を着用、現役の船主監督と同じ格好が立派に出来上がりました。
艤装岸壁に係留された、184,550 DWT, 全長290m, 幅47.0mはさすがに大きい。上甲板は岸壁上20mの高さにあり、長いコンベアーベルトに乗って甲板上にたどり着くのです。
竣工を一ヵ月後に控えた上甲板、居住区内、機関室、すべてが足の踏み場もない工事の真っ最中。鼻を突くペイントの臭い、絶え間なく聞こえる激しい騒音、それぞれの人が、それぞれの専門場所で忙しく働いている。「これが働いている現場なのだ」と、現役時代を懐かしく思い出す。すべてが見慣れた景色であり、現役の職務に帰ってきたような錯覚に陥りました。
デジカメのシャッターを所かまわず押した。其の中の何枚かをここに公開します。沢山の無駄な写真が写っていたが、すべてが懐かしい「船内」の「場所」です


写真をクリックすると大きくなります


この巨大船は、5月29日竣工され、Port Headlandに向けて処女航海に出港して行きました。

戻る