新造船その後


昨年5月M造船所で竣工された新造船も、その後順調に航海を続け、オーストラリア西岸から鉄鉱石を輸送しています。
今回、揚荷役の入港に際し懐かしい船内見学の機会を得ましたので数枚の写真を掲載いたします。原料揚荷岸壁に接岸された船体はさすがに大きい。
約18万トンの鉄鉱石を満載した船体はずっしりと横たわっていたが、わずか5時間後には赤く塗られた喫水線は1m以上も浮き上がっていました。
昨年4月に造船所で竣工間際の混雑した船内を見学したときから、今は現役で航海を続けている船内・・・・Navigation Bridgeをはじめ、船長室、総合事務室、荷役事務室、いたる所に配置されたパソコンがやたらと目に付く。そして数年のうちに進歩した航海計器類の数々。
自分自身、リタイヤしてから何年になったのだろうか?船から離れた数年のブランクは、めまぐるしい進歩の跡がそこかしこに散在していました。国籍はPanama、乗組員は、日本人のキーマン数人と、ベトナムの人たち。
乗組員一人ひとりが、一生懸命仕事をしている姿が印象的でした。


写真をクリックすると大きくなります



戻る