1780年英国の戦列艦 Scale 1:100(完成全長770mm、最大高さ615mm、最大幅350mm)

帆船模型作りを始めて4隻目の作品です。遊びと仕事の合間に手がけて完成までに2年3ヶ月掛かりました。友人と一寸した話の合間に「一隻作ってもらえませんか?」・・・・・と言うことから引き受けたこの作品、完成を待って嫁入りしていきました。

受注:2001年5月  完成引渡し2003年8月

H.M.S.BELLONA,1780−England

一層目外板張り 殆ど完成した船体 Main-Deck(右側はForecastle-deck)
Forecastle-deck(船首楼甲板)周辺の艤装 複雑な構造のヘッドレール付近とStock-Anchor、左舷Gun-port Foremustトップ(檣楼)、フォアーヤード、フトックシュラウド付近

 

帆船模型製作の醍醐味

完全に近い精巧さを要求される製作工程は、大変に神経を使います。元船乗りが作る船であるが故に中途半端が許されません。 一本のロープを取り付けるにも、そのロープを必要とする動作の詳細まで調べなければ気に入りません。

船体はウオールナット、マホガニー材などを使用して、外板は二重張り、甲板も一枚一枚張詰め、木目の美しさを前面に出して製作されます。実物の船より、より実物らしく作ることが大切で、ひとつのスケールの狂いはすべてがその後の製作に影響してきます。トータルしてどうバランスをとるかが極めて重要で、完成するまで試行錯誤とアイデアの勝負の連続です。

 

戻る