2009 Winter.温泉旅行
読み込み中!

<戻 る>

2009年2月、今年の雪国、青森県の降雪量は昨年の三分の一だとのことだった。
残雪が少なくても少しは降雪も有るだろうと思い、新幹線で一路北上してみた。
天気は良く八戸付近でも雪は極端に少ない。しかし天気予報ではその日から連日雪だるまマークが並んでいた。
折角の雪見旅行で雪がないのでは淋しい限りと思っていたら、嶽温泉に向かうバス旅行時分から雪が落ちてきた。そして一夜が明けたら驚くほどの積雪。移動のバスが運行されるのか心配するほどになっていた。
嶽温泉から、青荷温泉に向かう道中は一夜の降雪に続く連続の降雪で、急傾斜、S字カーブの連続道を巧みな運転で目的地「ランプの宿 青荷温泉」に予定通り到着した。

そこは電気は無い、TVは無い、ラジオも無い、夜はただ一個の灯油ランプだけが優しく灯っている。 そんな静かな、不便な、今時代に贅沢な宿だった。 谷底に存在するような宿泊は、時には屋根からの落雪音で驚かされるが、後は静寂そのものだった。 時の流れを忘れさせてくれる、そんな魅力ある秘境だった。