河童の想い出 ]W

何処の港でも入港したら内外を問わず、時間を見つけて飲みに、
食べに出かけたものです。日本の港町でも、外国の港町でも、少々の危険は顧みず
変わった雰囲気に紛れ込んだことも多く、記憶に残るそんな思い出を記載してみます。




 酔いのまわる時計

停泊期間の短い専用船はいくら巨大船でも長く一つの港に停泊していることは少ない。そんな忙しい大型専用船でも一年一度の検査入渠時は、船体のメンテナンスも含め一週間〜十日位は入渠する。
入渠期間中の乗組員は昼間の仕事は忙しいが、夜は解放されて自由時間。フリーになって足の向く先は夜の繁華街酒場めぐりやパチンコ通いになります。 昼間の激しい作業の疲労も夜になればシャキッとして疲労はどこえやら・・・・
読めるかな?
いちげん客の酒場めぐりは
件、3軒と続き夜は更けていきます。 何軒目かで立ち寄った店で急に酔いが回ってきました。 そこには写真のような時計が有ったのです。

アナログ時計は文字盤が無くても針の位置で時間が判るのが一般常識、ところが文字盤もある。時間も正確。時計表示の回転方向が違うのだ。 
酔眼と、頭の鈍ってきているときに、咄嗟の時間判断が出来ない。
目をこすってもう一度見直す。やっぱり何処かおかしい。今夜はずいぶん酔ったものだ。 不思議なことに毎晩飲んでさ迷い歩いて何件目かでたどりつくのがこの店だったが、いつも酔眼で見ていた時計でした。後日聞いた話ですが、造船所の技師が廃船された船から船舶時計をもらってきて、機械を裏返し、針を付け替え、文字盤を作成して逆表示の時計にしたものだったのだそうです。
酒場に置くアナログ時計はやっぱり正当な時計が欲しい。時間確認のために急に酔いがまわってしまいます。

 
 こちらも酔眼

大衆ビールですこちらはアメリカ西岸Astoria,Oregon 港でのこと。この港には冷凍マグロ(Albacore round)陸揚げに何も寄港した港です。 冷凍貨物は昼間の荷役が殆どで、夜間は休業になるため毎夜、街に繰り出したものです。Astoria港は材木船が時々積荷に来る程度で小さな静かな港でした。 町は住宅街が殆どで、夜間繰り出しても 一般の店は閉店していて、オープンしているのは居酒屋(Tavern)だけです。この町の居酒屋はTavernと表示され、Lucky LagerBeerの名称)の看板が目立ちBarとは表示されていませんでした。 
だだっ広い店内は、止まり木スツー
酔眼で見ると???ルの無い店が多く、カウンターで立ったままLucky Lagerを飲む、それもグラスなど無く小瓶をそのまま飲むのが一般常識、アメリカらしい姿だと気に入っていました。
そんな
Tavernを渡り歩き、ふと入った店の後ろの壁に貼られていたのが写真のような額縁です。
「オッ!目が二重に見える?」酔ったかな? と思いながら、酔眼をこすってもう一度見る。やっぱりダブった目に見える。今夜は酔っているんだ・・・・
次の日も行ってみた。控えめに飲んで立ち寄ってみたらやっぱり二重の目に見えた。酔眼でなくても二重に描かれていた絵に騙されていたんだ。そんな絵だったんだ。なんとなく安心した思い出です。

 

 不気味な酒場
大阪繁華街をさ迷い歩いて、どこかの店で知り合った女性に連れられて、珍しい店に行ってみようということになった。そこは繁華街の中のビルとビルの間の狭い道を抜けると、そ の中は周囲がビルに囲まれた小さな四角の中庭のようなスペースになっていた。そのビルの一画、一階に数件のバーのネオンがあり、知る人だけが行くところのような、誰も気が付かないスペースだった。
その中の一件に「Bar はかば」と云う店に案内された。 ドアーを開けると、「チーン」とリンが鳴る。 暗い声が薄暗い奥の方から「いらっしゃ〜い」と聞こえてくる。カウンターの向こうの人物が頭に白い三角片を付けて、白い衣のような姿。カウンターに座って灰皿が出されたら、仏壇の線香たて。暗い店に暗い会話、2,3人いた先客も、黙って静かに飲んでいた。まったくお通夜のような店内。
何でこんなBarが出来たのかは判らなかったが、不気味な雰囲気だった記憶があります。 このまま酔ったら墓場に直行されそうな気がしたので早々に退散してきましたが、変わった店もあったものです。
 危険な港町
ミナト神戸と云えば国際港として名前も行きわたっている港町。 外航船の船員がネオン街を求めて徘徊する楽しい街・・・・・ 軒を連ねる大小飲食街は何処でも歓迎してくれました。
そんな中の中堅クラスのBarにお馴染みがあり、入港の度に顔を出していた。 昭和30年代には、こんな飲食街の酔客相手に夜ごと顔を出す、流しの兄さん、獅子舞の兄さんが現れ、飲んでいる客に歌を強要し、獅子舞のお祓い如きで金銭を要求するチンピラ風が徘徊していた。 ある夜、 同僚3人ずれでカウンターで飲んでいると、やってきたのがしつこい獅子舞、語りかけるのを無視していたら、因縁をつけてきた。 結局少々たかられたような状態で話はついたが、治まらないのはその後の気分、その後もう一軒ハシゴをしていたらまた顔を合わせることになった。 またしても、たかられそうになったが、頭を下げて帰ってきた。   そんな経緯で治まらないのが我が同僚たち。 翌日またしても同じ店に行って飲んでいたら獅子舞の兄ちゃんがやってきた。
3人共上陸時に手ぬぐいに石を包んで腰にぶら下げていたのも気が付かず、「兄さんたち、景気がいいんだな〜」と絡んできた。 二人連れ獅子舞先頭の男が いんねんを付けながら寄ってきた。
無言でカウンターを下りると、腰の手ぬぐい石包みを引き抜き先頭の男をなぐりつけた。 後ろの男はびっくりして襲いかかろうとするも獅子舞の長い唐草模様の布が邪魔して行動がとれない。 もたついているところを 同僚3人が石ころ包みで殴りつけ、頭を抱えて座り込んだところで、早々に逃げ帰ってきた。 その後何回か寄港したが怖い組の存在するその港町では、危険組織の縄張り地域 が多かったのでその付近への上陸は控えたものだった。

 

 時代の流れ
外国航路船員は酒類、たばこは免税で購入できた。 酒類の免税は日本で適用になったのは昭和40年代前期だったと記憶する。 以前から外国では高級洋酒類が免税で無制限に購入できたので、船員は安価で高級酒をいつでも飲める環境にあった。 海外購入の免税酒は日本に帰ってくると船内消費として一本だけが許可になり、すべて税関にシールされてしまうので仕方なく停泊中は上陸して安酒に高い支払いをして飲むことになる。
無駄なことと判っていながら怪しげな夜の繁華街をさ迷い歩く楽しみは、長期航海を終えて帰ってきた船員にしかわからない心情かもしれない。酒の飲めない人・・・・・・それはそれなりに遊技場あり、裏社会で楽しんでいたようです。
時代の流れは早く、船舶が大型化され、停泊場所も喫水の深い埋め立て地の遥か沖合やら、長い桟橋の先端になり、荷役設備の目まぐるしい進歩から、昼夜休みない荷役作業で停泊時間が極端に短くなり、更に諸機器の自動化、乗組員削減等から、港町の雰囲気有る繁華街も近辺に無くなり、上陸する乗組員も少なくなった。
そんな環境変化から、上陸することが少なくなり安酒に大金払って飲みに行くより、免税の高級酒を楽しむ時間潰しに変化していったことは事実だろう。 出港後の話題に、停泊中の楽しい出来事を聞けるチャンスもなくなってしまったことは寂しいことだった。
 ビックリした〜〜

西アフリカのM港に鉄鉱石積みに寄港、着岸と共に沢山の黒人労働者が乗船してきた。 
「何か仕事はないか?」と、仕事を求めてくる。陸上の失業率が高かったのか・・・・そんな港街なのでAgent menの注意は、街は危険なので一人歩きはしないこと、と注意されていた。
そんな港街でも好奇心とは切り離すことが出来ないのが乗組員。 日が暮れると岸壁には数台のタクシーが待機していて、上陸者にそっと近づいてくる。 右も左もわからない港ではやはりタクシー以外にないが、行先さえ指定できない。
タクシーの運転手は「シーメンズクラブ」に案内するという。そんなら行ってみるかと云う事で乗車して近いところの「シーメンズクラブ」に案内された。 中に入ってみるとそこは薄暗い三流のBar. 止まり木に座ってビールを注文すれば無言で出してくれたが、いつの間にか隣に真っ黒な女性が立っている。 よく見れば脂ぎった真っ黒な顔の真ん中に思いっきり横に広がった鼻が付いている。そんな女性がニヤッと笑うと真っ白い歯がやけに目立つ。「怖い!」そんな第一印象だった。 
Beer
を一杯飲んで外に出たら、案内してきたタクシードライバーが待っていた。この「シーメンズクラブはダメか?」とジェスチャーでそれでは「次に行ってみよう」と云う事になった。 次の「シーメンズクラブ」も似たような雰囲気だったが、奥の方には数人の黒い女性が待機して、我々が入って行ったら、テーブルに寄ってきた。 我々がBeerを注文して飲んでいても、特に女たちは飲み物も要求しない。話す言葉もわからない。 顔を見合わせれば真っ白い歯を出してニヤッと笑うでけで何となく不気味な雰囲気。どうやらこの女性たちは店の従業員ではなく売春婦達だったらしい。 日本人乗組員は暫く飲んでいたが、女性たちとは何の会話もなくもっとも会話が通じない)ただニコニコしているだけだった。 暫くして一人の女性が髪の毛を帽子のように取ってテーブルの上に置いたではないか。 今まで栗色のストレートの髪をしていたと思ったらその下は黒豆を張り付けた様なちじれ毛、・・・・いやービックリした。 
これが本当のアフリカ女性なのだと、妙な実感を覚え、早々に店を退散した。
そう云えば今まで接近してきた女性の髪色が栗色だったり、銀髪だったり、鬘らしいとは思っていたが、まさか目前でそれを脱いでくれるとは思いもしなかった。

 


終わりまで読んで頂き有難う御座いました。