河童の想い出 ]V

船員生活の中でのタバコにまつわる数々の思い出がありました。
私自身普通のスモーカーでしたが、随分前に止めてしまい現在に至っています。
・・・止める、やめないは個人の自由ですが、止められれば止めた方が良いのが
やっぱりタバコでしょう・・・最近は値上がりしたし・・・
タバコの思い出は沢山あります。その一部を・・・・・



タバコと学生時代

高校生時分タバコを嗜んでいる生徒が数人いた。学校では週一ぐらいに朝礼の後、タバコ検査と称して制服のポケットを検査する。
それもボケットの底、隅にタバコの粉が付着していないかの細かい検査。
生徒もさる事ながらそんな証拠の残るようなことはしません。タバコなんかポケットに入れることは無いのです。両切り10本入りピース。¥40でした。 そんな生徒は、学校帰りに立ち寄る「溜まり場」と云うのだろうか、タバコを提供してくれる店がありました。店構えはタバコ販売店を兼ねた普通の食堂。その家の庭の奥に火鉢一つだけ置いてある、6畳ほどの離れが有りました。
タバコを吸う仲間達はそんな場所に集まり喫煙していました。 当時、10本入り両切りピース、一箱40円。ところが喫煙する生徒は、バラ売り2本10円で購入、離れの空き室で数人が回しながらの喫煙でした。こんなわけで制服のポケットにタバコを入れることはありません。
また当時の高校生は大金を持っていませんでした。10円の金は有っても40円は無い。そんな裏事情を承知の店では、10本入りピース一箱50円で売れることになります。お互いに違反行為であることは承知だったでしょうが、生徒も有難い、店側も有難い。禁煙取り締まりの裏をかいていた事になります。
こんな時代も有りました。ちなみに私自身は20歳から喫煙者となりました。

免税タバコ
缶入り50本ピース。市販¥200でした。昔から外国航路に就航している船員は、タバコは税抜きで購入できました。種類はピース50本缶入りが100円〜120円。航海日数に応じて自己の消費量を計算し、一航海分纏め買いになります。購入量制限は有りません。
航海が終わって、日本に帰りついた時点で残量があれば、引き続く国内航海中の使用量として200本が許可されるだけで残りは次の外航に向け出航するまでシールされます。
そんな船員は、久しぶりの日本上陸に、缶入りピースを持って上陸したものです。港町の飲み屋に入り久しぶりに日本の味を味わっていると、大抵、「船員さんですね」と声を掛けられました。そうです・・・・ピースの缶を持って飲み歩いているのは船員だけなのでした。
そんなことから、上陸する時は、当時販売されていた洒落たタバコケースに入れて持ち歩いていましたが、やっぱりそんな手間な事をやっているのは船員だろうとすぐに見破られていました。でも、お馴染みになったお姉さん方から、綺麗なケースをプレゼントされた記憶は鮮明に残っています。
今時、タバコのボックス自体が綺麗になったので、タバコケースなど見たことがありません。

外国タバコ
日本の税抜きタバコ、ピースが、強すぎると言うことと、昭和30年代はまだアメリカタバコが珍しい時代でしたので、喫煙者の過半数は外国タバコを税抜きで購入していました。
ラッキーストライクであり、キャメル、マルボロ、ケント、パルメルなどが代表的なアメリカタバコ。(最もその辺の名前しか知らなかった)
 日本では高価だった「洋もく」を、格好付けにわざと箱を見せびらかして吸ってみたり、夏場は薄手の開襟シャツのポケットに入れて、「洋もく」の箱模様が透けて見えるようにしてみたり、意識的にいろいろ表現してみたものでした。今時代に思い起こしたら、笑い話でもあり、香りも合わないまずいタバコを良く吸っていたものです。
或るクラブに赴いた時に、隣に座った若い彼女に「このタバコ、綺麗な箱ですね。ほしい!」。と云うことだったので、中身を出して箱だけプレゼントしたら、「ケチ!」と言われたことが有りました。
欲しいならタバコの中身共々欲しい、と言わなければ、船員は正直だからね!。心の先も読まなければならないんだ・・・そんなことがありました。
月日が経過し、1990年の初頭頃から、船員構成も様変わりを始め、外国人との混乗化が始まり、フィリッピン船員との混乗が多くなってきました。そんな彼らに、航海始めにタバコの注文を聞くと、必ずマルボロを指定してきます。
「日本のタバコは?」と聞くと、殆どのフィリッピン船員はアメリカタバコ、マルボロを希望し、日本タバコならいらないと回答します。 理由は聞きませんでしたが、彼らにはどうしてもアメリカタバコが好みのようでした。

喫煙者-要注意
タバコを吸う人、「喫煙者はきたない」と云う言葉を良く聞いたものです。
何の事かと云えば、ヘビースモーカーに限って、タバコを持ち歩かない人が多いとの事です。持ち歩くと吸い過ぎる・・・・と言った理由なのか? それはそれで良しと理解できます。
 ところが、周囲の誰かが一服と思ってタバコを取り出すと、「チョット一本!」とか云って手を出してくる。或いは「一本貸して!」と借りに来る。でも、この「貸して!」が曲者で、返してもらったことは無いと、貸した人は言います。
段々それが講じて常にタバコを「借りて」歩く人になっているようです。「そんなにタバコを吸うんだから自分のタバコを持って歩け!」と文句を言われても「ウン、次から」とか、「持って歩くと吸い過ぎるから!」・・・・のうちはまだ良いようです。「一本ぐらいケチるな!」と云うところまで発展したら、タバコ問題から始まる仲間割れには用心しなければなりません。
娯楽の筈のマージャンの席で起こることが多いようです。自分のタバコがいつの間にか箱ままそちらに移っていったり、皆がゲームに夢中になっていると、記憶に無いことが起きるようです。喫煙者はご用心。

厳守事項
原油タンカーに乗船すると喫煙には特に厳しく制限されます。広いデッキ上には目に見えない危険ガスが何時も放出されていると考え、居住区から甲板への出入口は1,2箇所と決められており、居住区内にガスが入り込まないように厳重に制限されております。
航海中は乗組員個室での喫煙は自由であるが、通路では全て禁煙です。
停泊して原油の積荷、揚げ荷中は、個室も完全禁煙です。どんなに広い船内でも職員喫煙室、部員喫煙室の2室だけがスモーキングルームに制限され、個室、その他全ての居住空間での喫煙は厳しく禁煙に指定されます。
原油積地の多いペルシャ湾諸港では、どの積地でも、定期的に監視員が巡回してきて、喫煙室以外での不正が無いか厳しくチェックしていきます。時には,Engine Room内のControl roomの灰皿に吸殻が一個有っただけで、「喫煙室以外では禁煙になっているのに規則を犯した」と言うことで、厳しい指摘を受けます。
Engine Room内では、ボイラー用のバーナーが使用されており、裸火なのでタバコより危険・・・・・と言う理屈は一切通らない。
指定された喫煙室以外ではどんな理由でも通用しない。「規則は規則」と云うことを主張されます。喫煙許可室の隣が食堂になっていて、ドアーもカーテンも無い広い仕切りだけで食堂と喫煙室が繋がっている構造でも、食堂内テーブルに灰皿を持っていって喫煙することは違反行為として注意を受ける。
要するに、仕切りが有ろうが無かろうが、Smoking Room として指定したところだけを喫煙場所として厳重に守らなければならない。「規則は規則」なのです。

喫煙 = 不健康
喫煙場所を厳しく制限されている原油タンカーに乗船していると、タバコの消費量が増える。
理由は、一服やりに喫煙室での一本、のんびりできるが、仕事の途中の時にはいつ次に来られるかわからないので、つい「もう一本」と云うことになる。
居室にいても、タバコを吸いに喫煙室まで赴くので、また来るのが面倒と云うことで、つい一本余分に火をつけることになる。喫煙室には大抵誰か喫煙に来ているのでつい話が弾み、一本が二本になり、ここでも余分に火をつけてくることになる。
こんなわけで、禁煙を厳しく守らなければならない原油タンカーに乗船すると、タバコの消費が増加すると言う理屈がお解かり頂けると思います。原油ガスでガス酔いし、吸い過ぎるタバコで健康を害している原油タンカーは決して健康に良いわけ有りません。

個人差&意志
多くの愛煙家でも一度はタバコをやめようかと思ったことは有るでしょう。そしてその行動に移ったことも有るでしょう。
そこで、タバコを止める人、止められない人、いろいろ有るようです。
タバコをやめられない人:
手持ちのタバコを吸い終わってから止めると宣言している人。
禁煙を始めて、2、3日して「タバコをやめて今日で3日目、4日目」等と人に宣伝している人。
未練を残して、喫煙用具を大事に残している人。・・・・・このような人は大抵元に戻って喫煙を始めています。そして暫く辛抱した節約分を元を取るように喫煙本数が増えています。
やめた人:
何も云わずにやめている。誰か周囲の人が気付いた時には、既に随分日にちが経過している。
止める人は、誰にも宣伝しないで静かに止めているようです。
やめた直後は、口寂しいとかで、アメをなめたり、ガムを噛んだりするようですが、あまり効果はありません。すべて意思の問題でしょうね。

キセルと刻みタバコ
20代前半、南氷洋捕鯨出漁前の長い入渠で毎日遊び歩き、たばこ代にも不自由することがあった。
そんな時にキセルを購入し、巻煙草を3つに切って節約しながら吸い、そのうち4つに切断してキセルでぎりぎりまで吸うことになり、最後には「きざみタバコ(みのり)」を吸うことにもなった。
そんな状態でも、出港したら免税タバコが希望数量注文できるし、支払いは出港後の会社保管の給料から天引きになるので一向に困らない。 
その長期航海は冷凍貨物を積んでスエズ運河経由、イギリス、Southampton, London揚げ、その後パナマ運河通過、南氷洋捕鯨船団に参加と云う西回り世界一周航海だった。  Londonでは荷役ものんびり長い停泊で、市内見学、夜のLondonも堪能できた。 その停泊中、Londonで40年生活しているというご老人が、乗組員のお世話で船内に宿泊し、日本食を懐かしながら共にし、 いろいろお世話してくれた。 
そんな人と、酒を飲みながらふとした会話中、包帯を巻いたようなキセルを取出し、パイプ用煙草をつめて吸い出したではないか・・・・ 聞けば40年前日本から来た時に持ってきた キセルで、今まで何とか使用してきたが、イギリスでは修理も効かないし、当然新品など無いとのこと。 そうだ! 私が日本で使用していたものを・・・ と云う事で、キセルときざみタバコの残りをプレゼントしたら、それはそれは、大変喜ばれた。 「数十年ぶりで本当の「キザミタバコ」を味わいました」と散々喜ばれ、経過をCaptainにまで話したそうだ。 
London出港後Captainからその話を聞き「君がなんでキセルやらきざみタバコなど持っていたんだ?」と、怪訝な顔をして質問されたことがおかしかった。 そのご老人は出港時に「キセルのメートさんに渡してもらいたい」とCaptainにJonny walker Black一本を託されていた。  貧乏キセルも大変人助けになり、当時としては高価なWhiskyに変身したことになりました。

喫煙者の趣味
長期日本に帰らない外国航路に就航していると、船内で使用されているタバコは殆ど「洋もく」に変わります。
どうしても日本たばこにこだわる人は大抵が「ピース党」でした。
どうでも良い、種類にこだわらない派は、行く先々で変わったタバコを仕入れて楽しんでいました。
一時パイプタバコが流行った時期がありました。外国で高価なパイプを買い込み、Capstanだ、Flying Dutchmanだと色々なパイプタバコを買い込み、香りを楽しみ、ある人は自己流にミックスして変わった香りを作り出し、様々でした。
Europoortに入港した時、RotterdamのとあるBarで、「日本人はパイプが顔に似合わない」と言われたことがありました。そんなときからパイプを使用しなくなったような気がします。
葉巻はさすがに愛用する人は居ませんでしたが、時にはバラで購入してきて吸っている人が居ましたが、パイプ以上に日本人には似合わない存在でした。香りも黒人的で馴染めません。

タバコを止めるまで
私自身20歳からの愛煙家でした。免税ピースから、洋もく、パイプタバコなど経験してきて、1977年9月4日から禁煙状態になりました。
当時、原油タンカーに乗船していて、名古屋出港した日です。Rothmans International 当時はRothmans International を愛煙していましたが、名古屋出港と同時に禁煙実行。開封したばかりの箱が当分テーブルの上に放置されたままでした。
その他に、航海中用として、10カートン以上所持していましたが、人にやったりして消費してしまった記憶があります。
禁煙しなければならない特別な理由はありませんでしたが、原油タンカーなので、停泊中は居室で禁煙であり、その都度スモーキングルームに赴くことの面倒さから我慢していて、ついでに止めてしまったようでした。
最初の3日程は喫煙者の近くに居ると自分も一服やりたい誘惑もありましたが、それを通り越したら何も感じなくなったようでした。それから2ヶ月ほどで体重が2kg余り増加。
タバコをやめたことで、特別余分に食べたと言うことも無かったけれど、やはり体重増加になりました。この時点で、再び喫煙したら体重が2kg減量できる保証も無く、結局それから29年、一服も吸煙することなく現在に至っています。
禁煙してよかったことは、タバコ代がいらないこと(値上げしても関係ない)、持って歩くものが無く、ポケットが何時も綺麗。特に最近は禁煙場所の制限が厳しくなってきたので、旅行など心配事はありません。
当時、市販セブンスター1箱¥200だったと記憶していますが、大体一日一箱の消費だったので、月額¥6000の節約、年間¥72,000だと計算していましたが、タバコをやめたことで計算された金は全然残りません。何処に消費してしなったのやら・・・・・
趣向品とはいえ、タバコはやめられたら、やめるべきです。最近は禁煙の公共機関も増加しています。



スモーキングにまつわる思い出話は沢山あります。
今回はこの辺にして、また思い出したら続編を・・・・・
終わりまで読んで頂き有難う御座いました。

Q/M
Home Pageに戻る はじめに 乗船経歴 海の表情 リンク アルバム 陸のかっぱ My Data