河童の想い出 :]U

労働・生活・時間
厳しい労働環境、生活環境、そんな中にも楽しさあり。
陸上生活者には判らないでしょうね〜。
便利な文明生活に慣れ親しんでしまうと、船乗り稼業は出来ません。

 
同一労働同一賃金
船乗りさんにとって年に一度の有給休暇はお盆と正月が一緒に来たようなものです。
乗船期間、休暇などは船員法に規定されていますが、有給休暇の発生は乗船期間の長さで決まります。乗船期間8ヶ月位が過ぎると大抵有給休暇電報が来ます。そんな予測をしながらぼちぼちと下船準備を始めるときの嬉しさは例えようも無く楽しいものです、そして下船してからの予定などを考えたり、また夢膨らむ想いになります。
大概は予想通りに休暇電報は入りますが時として人繰りが出来ないときには電文で「ホカエンキタノム」の文字一行で片付けられてガックリします。急に歯が痛くなったり胃腸の具合が悪くなるのがこんなときです。折角夢を膨らませていたのが急激にしぼんでしまい全ての楽しいプランは波の彼方え消え去ってしまいます。

埃だらけの南米航路(主としてチリー)。    鉄鉱石を積に行く一航海は約2ヶ月を要します。冬季、極寒の日本を出港して3日目には一気に夏になり、酷暑に変貌し冷房設備も無い大型船は酷暑地帯を片道一ヶ月走り続けます。昭和40年代前半には冷房設備の無い船は当り前に存在しました。
多くの陸上会社は完全冷房されていたのに、我々には冷房装置の恩典は上陸したときに立ち寄るパチンコ店か喫茶店辺りだったでしょうか?
「同一労働同一賃金」とか言う言葉も横行していましたが、陸上社員は涼しい環境で働ける一方で、船員に対する生活環境の改善は相当に遅れていました。
    でも船員諸兄は強かった。冷房設備が無くても苦情を聞いたことも無く、その方はあきらめの境地だったのかもしれません。無風状態の熱帯地航海。鉄板で造られた炎天下の居室は時には40度以上になることもあり、舷窓から入ってくる風は湿度をたっぷり含んだ暖かい風です。睡眠時間に寝られない暑さに我慢ならず、夜鷹の如く、ゴザに枕、灰皿タバコを持って暗いデッキをウロチョロ寝場所を求めて徘徊する。昨夜見つけた良い場所はすでに先客が気持ち良さそうに睡眠をむさぼっている。

大型船の広いデッキは何処でも寝場所に良いと思われるがやはり安心して寝やすいところが有るのです。毎日の暑さの為に充分な睡眠が取れないときには、食欲まで減退してゲッソリとなってしまう人も居ます。
日中の居室は通常平均35度以上にもなり、パンツひとつの姿で大汗を流しながら、電卓もない時代の航海士はソロバンという有難い計算機で多くの計算作業をしていました。    どんなに環境が悪くても、計画的に仕事を片付けていかないと船は容赦なく目的地に向かって接近し、積荷計画の申告、その他諸々の数字に追われる毎日を暑さなど物ともせずにこなしていました。風邪をひいたときにはこんな部屋で一時間も睡眠をとっていれば汗まみれになり風邪は全快してしまう利点もありました。

一方、裸のままで汗をタラタラ流しながらバッチリ冷やした免税のビールを飲む味は格別であるけれど、飲む量は汗の量と匹敵するが如く流れる汗の量もすさまじかった。ビールがそのまま汗に?なる様です。
そんな航海を続けながら積地では驚くような速さで5万トン余りの鉄鉱石を、物凄い埃と共に積込むこと3〜4日、復航は往航の反対コースで同じ海域を汗を流しながら一生懸命日本に帰ります。チリーを出港して二十数日、入港3日前位になると漸く凌ぎやすい陽気になるが、これも一日か、二日です。冬の日本は寒い。デッキ、隔壁が鉄板で構成されている船は、今度は冷やされて冷蔵庫に変貌する。ベッドの配置が外板側に設置されている船は特に条件は厳しいのです。暖房も余り効かない居室で、できる限り着込み、寝るときには4枚の毛布を全部かぶっても止まらない武者震い。暑さに慣れきった身体は、急の寒さに追いつく努力はしているが、数日前の酷暑が懐かしくなってくるのもこんなときです。
でも、人繰りが付かないことを理由に「ホカエンキタノム」の電報で涙を呑んだ航海も、今回は優先的に有給休暇電報に名前が掲載されているときには少々の寒さなどは気になりません。想いは暫らくの自由気侭な生活が待っていますから・・・・。
「同一労働同一賃金」忘れることの無いこんな矛盾した格言まがいの言葉。今は昔の廃止語になってしまいましたが我々年代の人には懐かしい言葉でしょうね。環境が全く異なる世界で働いていた人には該当する筈も有りません。

    賞味期限 

「賞味期限」を過ぎてしまった菓子を食べて大丈夫?「消費期限」てなに?
缶詰やスナック菓子など、品質が比較的長く保持できる食品の場合、おいしく食べられる期間を目安として「賞味期限」が表示されています。期限を過ぎても食べられなくなることはありませんが、直射日光などが当たるところに保管しておくと賞味期限内であっても品質が劣化している場合もあります。
一方品質が変わりやすい乳製品や生菓子などの食品には「消費期限」が表示されています。 その期限を過ぎると衛生上の問題が生じる可能性が高いことを意味しています。

さてこの「賞味期限」と「消費期限」という二つの用語。とかく最近はスーパーマーケット食品売り場で気にしているひとたちが多いように見受けられます。当然新しいもの、衛生上間違いない期限のものを求めようとするのは誰でも同じですね。
ところが問題なのは、長期航海に従事していた我ら船員たち。・・・・船に積み込まれている食料は内外入港地で「船食」と称する船舶食料供給業者に注文して次の航海に必要な量の食料一切を手配、積込みが行われます。 その業者は船から注文された食料を各所から購入し積み込んでくれますが、購入先は問屋であり、街のスーパーマーケットであるわけです。
そこには当然「賞味期限」「消費期限」が記載されていますが、一般に市販されている食糧であるが故に、「賞味期限」「消費期限」などは問題にされません。積み込まれる大量の食料品はそれぞれに適温を保つことの出来る大きな冷凍庫、冷蔵庫に収められますが、それらが食卓に上がる時分には「期限」など問題にするわけにはいきません。 長期航海に就航していれば、期限切れ3ヶ月以上などの品が当然ありますが、これに対して誰からも苦情があるわけでもなく、健康な船員さんたちは我慢をしていたのか、知らなかったのか今では判りませんが、そんな生活をしていても元気な船員さん達を見てもらえば、余り「賞味期限」「消費期限」などに神経質になる必要も無いようですよ。
もっとも、有効期限内に使用出来る品物を要求しても仕方が無い環境であるが故の厳しい世界であることを理解していただけるでしょうか?
     やはり「食わなきゃ仕事にならね〜」・・・・・これ一言です。 
    身についた習慣 
長い船員生活からリタイヤして数年になりますが、どうしても身について変更できない習慣を一つ、二つ・・・・

長い間使用していた年号が西暦ばかりだったので、昭和、平成など日本伝統の天皇制に基づく年号に慣れません。国際航海をする船では、海外諸国では書類に記載する年号は西暦年号に限っています。 そんなことから長期間「西暦年号」ばかり使用していたため、「昭和」に変換すると昭和年号に25をプラスして・・・・などとその都度計算しなければなりません。
そして次が時間表示。24時間制が身についた習慣は抜けきらず、いまだ24時間制を使用しています。
午前、午後と表現することがありません。周囲の人との会話の中で、15時だ、16時だという表現に時には怪訝な顔で見られます。約束時間は「16時に駅の前で・・・」ということを、6時(18時)に来た相手がありました。(2時間の待ちぼうけ)
こんなことから最近はつとめて確認のために午前、午後を付け足すことしています。 でも、午前12時、午後12時はどっちがどっち。0時、24時のほうが判りやすいと思いますがね〜
そんな習慣から、使用している腕時計はすべてデジタル。アナログ時計は何となく大雑把な表示のような気がするし、24時間表示が無い。
時計といえば、高級時計といえども、機械式は狂いが大きいようです。
大洋航海中は船位を決定するために当直航海士が「太陽」或いは「星」の高度を正確に測定し、測定時間は0.5秒を単位の精度で時間を読み取ります。時間1秒の狂いは単純に考えても463mの誤差が生じます。こんなことから数字で表示する、そして精度の高いデジタル時計は大変有難い存在でした。
こんな習慣から、いまだ時間には正確を第一に余裕を持って行動しています。 
船乗りは文明生活から切り離された自然相手の商売です。
陸上の規制、決まりをそのまま適用することの難しさ、
それが自由気侭な船乗り社会でした。
それが通用するのは海の上だけです。


終わりまで読んで頂き有難う御座いました。