河童の想い出 XI

乗船中に遭遇した出来事は思い出深い記憶として残っています。
親睦会会報に寄稿したページの中にこんな文章がありました。




T-9426(1994年台風26号)

南太平洋で長らく停滞していた熱帯低気圧がゆっくりとした速度で北上を開始したのが何日前だったか、とにかく日本上陸にはまだ数日を要すると思える天気図を眺めながら台風26号(T-9426)に変わったことを数日前から知っていた。
今年は異常と思われる猛暑続きで、各地の雨不足は日増しに日本全土に広がり始めていた。特に西日本を中心とした深刻な水不足はニュースの度に、各地のミズガメ残水情報を流していた。
毎年台風時期になると、どこかで悲劇の繰り返される地方の人々からも、今年の雨不足の異常さから、大雨をもたらす台風のひとつも来てくれないと水源地は底をついた水瓶をうるおす事が出来ないとの、悲痛な願いが聞こえていた。この願いが叶えられるかも知れない台風26号が九州南岸に向けてゆっくりと北上を続けているときに、本船は木更津港で「いやなやつが接近しているなァ」と天気図と睨めっこをしていた。
9月26日木更津出港、27日未明名古屋着。
台風26号は九州南部を北に進んでいると言う報道に対し、台風位置の海図上プロットは前回位置と比較すると明らかにに北北東に進路を向けているという様相を呈している。最悪進路を予想すると四国南部か、紀伊水道当たりに上陸する公算が大きいように予想された。
揚荷のための着岸は、我々の心配とは無関係に、夜明け待ちの錨泊のみで同日早朝から接岸行動が開始された。 依然として台風26号は北北東に針路を保ち、24時間後の予想円は九州南岸を外れて東を向いていることが明らかとなり我々の不安は一層強くなってきた。上陸予想位置は四国南岸であり、予想円の最も東寄りの進路になると紀伊半島南部潮岬付近と発表は変更されてきた。
揚げ荷は時折激しく降る雨の中で、台風接近を思わせる強風も無いまま続けられたが湿度が異常に高い。
9月28日1000時、名古屋港港長から第一次警戒体制発令。午後には第二次警戒体制が発令されることがもはや明らかとなり、沖出し避難は逃れられない事態となる。揚荷状態は各艙変則的に揚げられており、船体強度上思わしくない状態である上、船体傾斜まで起こしている。揚荷クレーンの不調から我々の要求どおりには揚荷修正が捗らないため、予想される沖出し避難までに、バラストで総ての調整に入る。 15時、予想どおり第二次警戒体制発令。
大型船の港外避難行動が一斉に開始された。名古屋港内は嵐前の静けさだろう、視界不良を除けば風も無く、海上穏やかで通常の出港時と何ら変わることはない。平時には航行官制には厳しい名古屋港も何となく「早いもの勝ち」と言った雰囲気なところがあり、「Pilot不要船は出港準備出来次第離岸せよ」との指示で9月28日1445時、港外避難のため離岸した。航路の途中から離岸船の割り込み有り、接近船有りの出港ラッシュ。
港外に出たら「何処に行こうがどうぞご勝手に」と、安全と思われる錨地の早取り競争に……
日頃、伊勢湾は広いと思っていたが、多くの大型、小型船が夫々に安全と思われる距離を隔てて錨舶すると決して満足な広さとは云えない混雑した湾内で安全錨地を探すのは至難である。 台風は依然として北上を続け、遂に紀伊半島南部上陸が確定的となり、伊勢湾にとっては最悪の状態となりつつあった。安定していた気圧も29日午前から段々と下がり始め、時々激しい雨が襲ってくるが風はさほどでもない。
世間で云われている「不況の嵐、異常気象の昨今」なんて、物の例え話どころではない。これから本物の超大型台風に直面しなければならない。逃げ出すことの出来ないこの場所で自然を相手に巨大船を守らなければならない。
乗組員たち、誰独りとして不安を顔に出す者は居ないが「姐上の鯉」ならず「船乗りの宿命」と割り切っていたものと思われる。9月29日午後になり、急激な気圧の降下が始まり驟雨を伴って風が強くなってくる。
頻繁に海上暴風警報がVHF受信機から流れてくる。台風針路はもはや最悪の状態で伊勢湾至近を中心が通過する公算が大になっている。日暮れと共に風力が一段と増して、激しい雨が連続的となり視界は殆んどゼロ。 レーダー上には胡麻粒のごとく100隻を超す避難錨泊船が映像となって密集しているが、視界内には全然見えない状態になった。
ブリッジフロントガラスに打ち付ける雨は激しい昔を立て風の音と共に船橋内での会話が掻き消され気味である。分刻みで風力が上昇し明らかに急速な台風接近が判る。照明灯に照らされて見えるのは水平に飛んでくる雨粒のみ。上から落ちてくる雨はいつも見慣れているが、水平に飛ぶ、或いは上昇して飛んでいく雨などめったに見られるものではない。瞬く間に風速計は30m/sec.を越え出した。
台風の持つ暴風半径(風速25m/sec.以上)は250kmと報道されていたが、完全に暴風圏内に入ったことを示している。もはや錨のみでの巨大船停泊は走錨の危険は明らかとなり、2040時、主機運転併用の台風避難体制に入った。狂気のごとく吹き荒れる南東風、フロントガラスに叩き付ける激しい雨、高いブリッジの窓から時折視認される水面は全速力で航海しているがごとくのうねりと波紋、振れ回る船体を主機運転と操舵で保持することば容易なことではない。
VHFラジオでは走錨を始めた船舶の情報が頻繁に報告を始めている。風速は既に40m/sec.を越えており、時折45 m/sec.に達している。レーダー位置による確認船位だけを信じて必死に現位置を保持する。周囲停泊船の映像はレーダーで確認できるが、どの船も移動が見られ走錨しているのか、自力移動を始めたのか確認する術もない。激しい雨風の中、23時頃の瞬間最大風速はSE/49.5m/sec.に達した。
空船状態に近い本船の風圧抵抗は膨大なものと思われ、錨鎖に架かる船体抵抗を少しでも緩和するべく使用している主機も、連続半速運転でやっと持ち応えている状態が数時間続いた。 Midnightも過ぎ、30日01時頃には暴風もやっと息をつくような強弱に変わり始め、徐々に右回りする強風は台風中心が急速に通過したことを現しホッとするに至った。
御殿場海岸の巨大擱座船悪夢のような数時間だったが全員必死の協力の下に自然の猛威に打ち勝った喜びにあふれた事は云うまでもない。台風一過の夜が明けてみれば数時間前の暗夜の狂気は本当に悪夢だったと錯覚を起こすほどの快晴。工業地帯独特のスモッグは一夜にして一掃され、今までに見た事もないような空気も澄み渡り、伊勢湾周囲の景色は隅々まで見渡せた。
遠く三重県津市御殿場海岸には、近くのN造船所から流れ出した建造中の同型巨大船2隻が、並んで同海岸に擱坐しているのが目認された。この台風26号がもたらした大きな置き土産は、その後連日TV放映で話題となり、遠方からの見学者まで押し寄せ、多くの見学者に船の巨大さを始めて知らせ驚きを与えたようである。
紀伊半島南部に上陸した台風26号は、猛スピードで三重、愛知、岐阜県を通過、日本海に通過していった。本船との通過時最接近距離はおよそ30マイル位であったと予測される。



CANADA_WEEKEND SUN 北海道東方沖地震

カナダ向け北太平洋の航海途上、突然の激しい船体震動で寝入りばなの睡眠が妨害された。
何事が起きたのか一瞬、頭の中は半分パニック。判断機能が作動しない。
「田舎のバスがガタガタ道を全速力で走っているような固い激しい震動……」、「今日は長いAstern engineをかけているナー」などと・・・・・・支離威裂
ハツと気付いて目を覚ます。大角度の操舵で異常震動を起こしているものと一瞬に判断。窓カーテンを開けて暗闇の前方を確認する。船はまっすぐ航走している。
左舷側には煌々とワークライトを照らしたイカ釣り漁船が数隻視認されるが本船が回頭して避航している様子がない。無意識にラジオのスイッチを入れる。NHK放送が北海道で地震が発生したことと津波警報を繰り返し放送している。やはり地震だったか。原因が判ってホッとする。
直ちに船橋の当直オフィサーに地震発生のことを知らせる。 2日前に名古屋を出港してカナダ、ロバートバンクに向かう10月4日23時20分(日本時間22時20分)頃のことである。その後のラジオ放送から詳しいことが段々と判明するにつれ、本船はマグニチュード7.9の規模を持つ「北海道東方沖地震」の震源地から南南東約150マイル付近を航行していたことがわかった。 北海道沿岸から関東に至るまでの広い区域に津波警報を朝まで放送していたと記憶する。
この地震についてバンクーバーの新聞(10月15日付け"THEWEEKEND SUN")には小記事が掲載されていた。 乗船中の地震は過去に3度ほど経験あるが、これほどに激しい震動を感じたことは初めてだった。太平洋のど真ん中、周囲には何も存在しない広い地域を航行中であったので、「座礁」とは思わなかったが、ラジオ放送で確認が出来るまでの僅か3分ほどの問にいろいろな予測と情景が頭の中を駆け巡ったことを記憶している。



レクリエーション大会

どんよりと垂れ下がる厚い雲とガスが交互にやってくる、そして寒い。心の中まで暗くなりがちな北太平洋航海の続く中、今航海は久し振りにレクリエーション大会が開催された。レクリエーション大会 レクリエーション大会 Roberts Bank出港から6日目、ベーリング海に入った日である。昨日までの雨混じりの曇天と強風は、今日の大会を祝すように海は凪ぎ、時折太陽さえ顔を出す天候の変わり様。通常作業で張り切ることの少ないフィリッピン船員が最もハッスルするときである。
レク委員の人たちの考案と努力による種々の競技が催され日比合同で大いに楽しんだ。
前日に展示されたすばらしい賞品の数々をたっぷりと拝見しているだけにフィリッピン船員の張り切り様は正常ではない。一方数少ない日本人は常に圧倒されている。皆さんそれぞれに点数を上げれば大きな奇声を発し、失敗すれば周囲の笑いが一層大きくなる。
前日までの賞品稼ぎのための練習成果も見られぬままに予想外の順位になることがレク大会の楽しみで、今回も予想どおり、予想外の順位となった。日頃の仕事にはいまいちと言われている乗組員が得たマグレのトップ点。……
順位発表を聞いたときに発した奇声と、躍るような素早い動きで走り回った喜びの動作は、その後の作業であの敏捷な動きを二度とお目にかかれなかった。  勝者から順番に、自分の欲しい賞品を選んで受け取れる賞品授与には挨拶あり、笑い有りで明るく楽しかった一日を無事締めくくった。        (1995年会報掲載文 当時高見丸船長)

終わりまで読んで頂き有難う御座いました。