河童の想い出 ]

冬季北太平洋航海、特に西航する航海は難航を極めます。
日付変更線を通過して、東経の海域に入ると、まだ衰えていない低気圧が集結するベーリング海。何度航海しても、この低気圧の墓場と言われる海域はベテラン船員たちでも難所でした。




冬季北太平洋航海記

1992年12月21日船内時間10時26分、NNSS(衛星船位測定装置)が180度子午線の通過を表示した。ベーリング海の真っ只中、北緯56度06分である。 そして1992年12月22日は本船乗組員23名全員の生活帯から消滅し、永久に味わうことの無い日にちとなった。
 毎日どんよりとした暗くて悲しい北の海は、時たまその間から心待ちする陽光があわれにも哀しく現れるが、乗組員の気分を壮快にする強さを持たない。航海者にとって冬の北太平洋横断航海は何回経験しても震えが来る。凍り付くような寒さと、凪ぎることの無い時化続きの海況は、昔も今も変わることの無い自然の現象である。本船、五葉丸にとって1992年度最後の航海はカナダのPrince Rupertに就航することとなった。
熱帯人種のフィリッピン乗組員達は、毎日完全防寒装備をしての就業である。積地入港直前にはアラスカ湾を北上してきた台風級の低気圧が、異常に発達してストーム警報が連日発令されていたが、幸いにも本船はタッチの差で逃げ切り積地入港となった。
 積荷中にはこの低気圧の接近による20m/sec.を超す強風、ミゾレ交じりの冷たい豪雨、度々の荷役中断、荒天当直と、散々な停泊であったが、この遅れが幸いをしたのか12月15日出港後のアラスカ湾海域は、思ったほどの時化にも遭遇なく、過ぎ去った荒天後の巨大なうねりに翻弄されながらの航海に始まった。次々に発達しながら北東進してくる低気圧に逆らい西航する本船には、逃げることすら出来ない厳しい航海である。気圧計は毎日狂ったように昇降変動している。
 1日3回受信する気象ファックスは、次々と北太平洋に集中する低気圧のオンパレードだ。当初の予定では年末にはゆっくりと大分に入港出来るつもりであったのが、日増しに年内入港すら危なくなって来た感じさえある。こうした中での180度子午線の通過は、ようやく大晦日の23時ごろ大分に滑り込むことが出来る可能性が見えてきたと言えよう。聖歌合唱のフィリッピンクルー達
 19日午後、ベーリング海に入った時分から、毎回受信の天気図にはアリューシャン列島の南方から、今航海最大級とも思われる低気圧が北上して来るのが気に掛かる。
 急速に発達しながら北上を続ける低気圧の前面を何とか横切りたいと願いながら、船足の遅い巨大船にいらいらしつつ気象図との睨めっこも、その感じが通じたのか低気圧の方が急に速力を落とし、一時停滞状態になった。チャンス到来とばかりに強い追い風に乗って一気に低気圧の前面を駆け抜けた感さえあり「運は付いていた」とホッとしながら無事ベーリング海を乗り切った。
濃霧で視認出来ないアッツ島をレーダーで確実に捉えて、日本に向けて変針する。時は12月23日09時45分。
 その日その日の変わった生活には順応できて落ち着いてはいるが、落ち着かぬのは気象の方で狂った天候が相変わらず続いている。こんな環境の中、何を楽しみに今日を終わり明日を迎えているのかと思うが、さて、今航海は14名のフィリッピン船員にとってはクリスマスの楽しい航海。クルー達は往航から準備のためのミーティング、種々準備、積地では大きなモミの木を購入して、積地出港直後から食堂にはクリスマスツリーが飾られた。毎回の食事時にはクリスマスキャロルが流されて気分を盛り上げてくれる。
日本人職員各自には「フィリッピン聖歌隊」から順次、「日時を指定してクリスマスキャロルを歌いに居室に伺います」のレターが届いた。19日夕方から始まった・・・「聖歌隊」・・・とはフィリッピンクルー全員で構成された合唱隊。ギターを持って全員で夕食後のひとときに、一室か二室の日本人職員居室にクリスマスキャロルを数曲合唱しに巡回する・・・。Xmasのテーブルを飾る「豚の頭」の丸焼き昨年乗船していた別の船でのメンバーも賑やかなクリスマスを行ったが「集団ながし」を思わせる本船での行為は行われなかった・・・。この行為は、我々の生活にはかって経験も無かったことである。たった一人の部屋に13名のコーラスグループに押し入られ、礼儀正しく合唱されたら、ただ照れ臭さだけが残ったように記憶する。こうしてクリスマスイブ迄に段々と盛り上げられ、予想どおりイブは日比混合の盛大なパーティーが行われた。
食堂のメインテーブルには、「リンゴをくわえた豚の頭の丸焼き」「七面鳥の丸焼き」が見事に飾られ、各テーブルには「アメリカンロブスター」その他、名前の知らないフィリッピン料理の数々が盛り沢山。
クリスマスプレゼント抽選会から始まりクリスマスキャロル、カラオケ大会、ディスコ大会までに発展。プロ歌手顔負けの美声に聞き惚れ、フィリッピン船員のエネルギッシユな迫力に圧倒されながら、底抜けな明るさでクリスマスイブは最高に盛り上げられた。
Xmasパーティーを祝うフィリッピンクルー
・・・アッツ島を通過して、この航海の大体半分の航程は過ぎたことになる。これから日本本土に取り付く5、6日間が北太平洋の荒天が最も厳しいところだ。パーティーの雰囲気も最高に達したと思われるイブの夜半、予想はしていたものゝ突然に風向きが北西に変わった。低気圧通過の後には大陸で発達した巨大な高気圧の張り出しが、数時間のうちに北西の強風を増加させ、海面は白一色の風浪に変え、右舷真横から押し寄せる波は容赦なく上甲板に高波を打ち上げてきた。巨体に叩き付ける波はフォアーマストを遥かに越える飛沫を連続させ、船体には絶えず不気味な振動を感じさせる。
 時間の経過と共に大きくなる船体ローリングは、我々の生活には容赦することなく揺さぶりを掛けてくる。久しぶりに味わう激しい船体動揺は、我が身を保持するために身体のあちこちの筋肉を不自然に突っ張らせ、エネルギーを消滅してしまう感さえある。昇降階段は平面と垂直を繰り返し、昇降にはタイミングを合わせるのにも一苦労・・・。
どうしてもこの荒天の難関を通過しなければ冬の北太平洋航海を乗り切った事にはならないらしい。盛大なパーティー後のクリスマスデーは二日酔いも重なり散々な一日だった。漸く千島列島に接近し、殆ど24時間以内で激しいローリングは治まったが、働いた以上に疲労が残った。「時化の後には必ず凪ぎは来る」「夜が来れば朝は必ず来る」。・・・待てば海路の日和かな・・・。
12月27日10時過ぎ、我が国が返還を求めている北方四島のひとつ「色丹島」。島全体は真白な雪に被われ如何にも寒さを感じさせる。10マイル付近を通過する頃には次第に海も治まりを見せ、親潮の影響も加わり速力も上がってきた。27日夕方、北海道根室半島を通過して沿岸航海に入ったが、その後の海況は冬の日本近海の雰囲気には程遠く、春先を思わせる穏やかな海に変身。
ちらつくテレビの映像も懐かしく、受信テレビの移動は各沿岸局を次々に通過していくが、放映している内容は押し迫る1992年とのお別れ番組に共通している。日本列島も結構長い。
1992年12月31日0140時大分沖到着(復航所要時間15日00時間25分)。冬の北太平洋横断航海としては時化との遭遇も少ない航海であったであろう。年内に何とか日本に帰り着いた。寒く厳しかったこの航海の反省会は今夜で終わろう・・・。明日から来年。折角帰国の日本停泊も上陸こそは出来ないが、1993年の新春は全員揃ってお神酒を挙げ、来たるべき年の安全航海を祈願して楽酔したい。         (五葉丸船長  '93社内報掲載文)



終わりまで読んで頂き有難う御座いました。