河童の想い出 \


文明社会を知らない人達と共に
今回の思い出話は船乗り生活と余り関係ありません。
冷凍マグロを輸出する基地、南太平洋のNH諸島のES島(15度29分S、167度14分E)に滞在していた時代の記憶から少々。基地の南の島にはまだ人喰い人種が居るという話もありました。文明社会を知らない島の人達と接して感じた、船乗りの見た珍しい体験感想文です。昔の良き時代の船乗りは、積荷が集まるまでいつまでも停泊していたものでした。



 
    優雅な船員時代 
昭和30年代後半までは「専用船」という忙しい船は余り聞いたことはなく、Linerと言われた定期船、雑貨船等だけが忙しく航海していました。そんな時代に冷凍貨物船で一年以上日本に帰らずの長期航海に出ていた時代の想い出です。
暇なときはいつでもカヌー遊び 長い期間日本には帰れない航海だったけれど暢気な時代だった。「積荷はまだ泳いでいる」などと言われながら、漁船が「鮪」を漁獲してくるのをのんびりと何時までも、何も無い南の島で待機停泊していたものでした。毎日の用事と言えば船体手入れ以外になく、それもやり尽くせば、ペンキの無駄使いになるから程々に・・・・と言ったのんびりした良き船乗り時代でした。
ネオンまたたく怪しげな港町に停泊していたならば、「退屈」という言葉は生まれなかったでしょうが、基地の島は上陸してもジャングルばかり、夜は満天の星空以外にネオン等まったくありません。船にいても居室は暑いし、釣りで時間を潰しているだけです。こんなことで昼も夜も「ヒマ」1色でした。3人集まれば潜りに行ってみようか!とボートを下ろして何処かに出かけるのが日課になっていました。時にはカヌーに乗ってあてどなく航海?してみたり、そんなのんびりした船員時代に知り合った純情なメラネシア系の原住民達との生活、などを追って生きます。。

 
 
    純真な現地人 
外界と孤立した南海の住民たちは、純真な人たちで、指導者の指示には決して逆らわない素直な気持ちを持っています。
いつものように退屈な夜がやってくると、現地駐在の日本人たちは三々五々酒の匂いのする部屋に集まってきます。そんな中に我々退屈を持て余した停泊中の船員も出かけて行き仲間になるのは常套手段でした。アルコール類はキャンティーンと称する『売店』ではいつでも購入できる。ビールはオーストラリア産の「KB」。このビン入りビールはオーストラリア『キリンビール』と呼んでいました。ウイスキーは「ジョニ赤」ばかりで当時としては日本では珍しかった。
原住民の女性達 ウイスキーを飲む為の氷は、200mほど離れた冷蔵庫まで取りに行かなければなりません。部屋付きの原住民にロック用アイスを取りに行かせるにも、グラスに入る適当な大きさに砕いてくることを良く説明して大きさの見本を示し、アイスボックスを持たせてやります。ビールを飲みながら氷の来るのを待つこと暫し。しかし待てど暮らせど時間が経過してもなかなか「氷」が帰って来ません。結局日本人が見に行くことになります。
人気のない広い冷蔵庫に行って見れば、寒いロビーにポツンと一人で震えながら氷を砕いている。アイスボックスの中を見ればまだ半分にも満たないが綺麗に大きさが揃えられたロックアイスが入っているではないか。手元には、ボスから言われた見本アイスが置いてあり、その大きさに揃えながらアイスピックで形を整えている最中でした。「そんな丁寧に形を揃えなくても大丈夫だ」と教えて適当に砕いた氷をボックスに入れたところ、「マスターはこの大きさだといった」と半べそをかいている。「マスターに説明してやるから心配するな」と慰めつつ連れてきたが、忠実さがこれだけ徹底しているとは思いませんでした。
本来ならばボスに言われたことを忠実に守らせなければならないのですが、やはり酒の誘惑にそんなことを待っていられないのが文明人の適当なところなのでしょう。・・・反省

 
     思いやり
島に駐在している日本人スタッフ達の部屋掃除は原住民の仕事です。前夜の酒盛り後を片付けるには空瓶やら食べ残しやらで結構大変な労働です。しかし彼らには酒盛り後の部屋掃除は楽しみだった様でした。
工場で働く原住民労働者はアルコール類を嗜むことは一切禁止されていました。 そんなことから酒飲み仲間の間で自然に納得して実行していたことは、「ビールを注ぐときにビールが空になるまで注がないこと。」「底に少し残しておきましょう」と言うことでした。
朝やってくる部屋係が前夜の宴会で散乱する部屋を眺めて「ニヤリ」と顔がほころびます。まず掃除を始める前に、ビンを片付ける格好をしながら、底に残ったビールを一本のビンに集めていることでした。それも日本人の目に付かないようにソッとです。また、その行動を見て、見ぬ振りをして見逃すのも大事なことでした。集めたビールは掃除係の特権として隠れて嗜んでいたようでした。
時には「今夜は誰の部屋でさけをのむのか?」と聞かれたこともありました。

 
     仕事は忠実です
一つの仕事を教えるとペースを崩さず忠実に実行するのが現地の人。
日本人スタッフの沢山の洗濯物のアイロンかけは原住民の係りでした。沢山山積みになったシャツ、ズボンなど、最初にアイロン掛けの要領を丁寧に教えることが大事なのです。
クリーニング屋が丁寧にシャツに糊をしてキチッと畳む要領のように教え込むと、まったくその通りに実行することは間違いありません。山積みにされた洗濯物を一日掛かろうが、二日掛かろうが関係有りません。マイペースで教えられた通りに丁寧に、食事の時間、トイレに時間以外に手を休めることなく時間一杯続けることには感心しました。
こんな単純作業の連続は、雑念を持った文明人には絶対に続かないだろうと良く言われたものでした。やはり純粋に育った人たちは凄い。また時間を気にしない、限られた時間内に片付けようなどと言った急ぎの気持ちなど当然ありません。日本人全員がこのような性格だったら現在の発展はなかったでしょうね。

 
     純真な人たち-2
原住民の若い女性達 純粋にお互いを信じあって育った島の人たちには、人のものを「盗る」と言うことを知りません。
暑い南の島での長い停泊には、テレビもビデオも無い時代で退屈な夜には自然とデッキに集まりハッチカバーの上でデッキライトに照らされながら酒盛りをするのが毎夜の日課のようになっていました。夜半にはそれぞれがほろ酔い機嫌になってキャビンに帰り寝てしまうのがそんな時代の呑気な船乗り生活でした。
散乱した後片付けは朝起きて誰となくするのが通例でした。時には早い時間に遊びに来た現地人が綺麗に片付けてくれることもありました。タバコにライター、そんなものがなくなっても誰も気にしないで過ごしていた時期でもあり、キャビンにも幾つかのライター(使い捨てライターでは有りません)は散乱していました。
そんなときに、現地作業員(原住民)が目の前で、見覚えのあるおのれのライターを公然として使用したりしています。「オッ、それは俺のライターだ」と言えば「そうか、それなら返す。この前デッキに有ったから使っていたんだ」と言って素直に返してくれます。「盗ったんだろう」と言えば「盗ったんではない。あの時、あそこに有ったんだ。」・・・・とこんな調子です。
そこに有る物は利用しても当然だと思っているし、隠す素振りなどもっとう無く、一言云えば返してくれる。これが彼らの習慣でした。

 
     どちらが大事件?
南海の小さな島で生まれ育った原住民には、周囲に起こるアクシデントにも大きなことはないのでしょう。
或る航海で約50日振りに基地の島に帰り着きました。早速顔見知りの原住民たちがタラップを上がって遊びに来ることはいつものパターンでしたが、そのときの人達はどこか変わって興奮気味でした。「マスター、ビッグファイヤーだった」との報告です。
「何だ、それ!」「ビッグファイヤーでボスがクレージーになっていた」・・・こんな会話で意味が今ひとつ掴めない。良く聞けば次の如し。

その基地には結構大きな木造三棟の燻製工場があった。その工場が我々アメリカ西岸への航海中に火災で全焼してしまった。それも日中の大火だったらしい。原住民たちは消火の手段も知らず、余りにも大きな火災に唖然として見とれていたそうだ。慌てふためく日本人スタッフたちは消防車も無い、消火手段はバケツで水をかけるだけしかなく右往左往していたらしい。
そんなときに周囲にたたずんでただ眺めている原住民にハッパを掛けたのが、原住民担当責任者T氏だったらしい。彼らにはボスとして慕われていた日本人です。そのT氏がただ眺めている作業員に、「バケツで水を汲んで来い!」と指示したそうだ。漸く動き出した原住民作業員たちは手に手にバケツの水を持ってずらっと並び「マスター、水を持ってきた!」と次々に集まったそうだ。
火勢が益々大きくなる時にのんびりと水バケツを持って並ぶ作業員を見てT氏は腹を立て、2、3人に平手でびんたを食わせ「水を掛けて火を消すのだ!」と怒鳴ったそうです。ボスのその行動に驚いた原住民作業員たちは、それからは危険も顧みず火の傍まで近づいて消火活動に貢献したそうです。結果としては工場は全焼してしまったが、彼らにはT氏が平手で殴ったと言うことが相当にショックだったらしい。
その後何回と無く「ボスは怒るとクレージーになる」と言っているのを聞きました。彼らにとっては生涯見たことも無い大火事より、それ以上に自分たちのボスに「殴られた」事が生涯忘れられない出来事になったようである。

 
     野性的過ぎる
或る長い停泊のとき、食料の「牛肉」が乏しくなり現地の島で調達するやむを得ない状態が発生した事がありました。野菜などは現地の華僑から何でも購入できたが「冷凍牛肉」だけはオーストラリアから定期船が来なければなかなか入ってきません。
現地代理店では「必要ならば世話をしてやる」と、軽く引き受けてくれました。そんなある日、現地で生活している椰子園(Palm Plantation)の主人が3人の現地人を連れてやってきた。「マネージャーに言われたが、牛肉が欲しいそうだが?・・・」と言うことでモーターボートに乗り、対岸の島に行くことになった。
椰子園に放牧されている牛ボートには大きなライフル銃が積んであるではないか。島の椰子園に降り立つと、沢山の牛が放牧されている。その白人はライフル銃に弾丸を込めると、椰子園の中の放牧牛達を見回し、30mほど離れた中の黒い一頭を指差し、「あの辺が良いだろう」と一言。すばやい動作でライフル銃を構えたと見えた瞬間、いきなり発砲した。
撃った白人を見たか、撃たれた牛を見たかは記憶に無いが、目に入った光景は、倒れ掛かる瞬間の牛の姿だった。ゆっくり倒れる牛に近づきもう一発撃ち込んだ時には、足を痙攣して横倒しになっている牛がそこに有った。すべてが瞬時の出来事だった様だが、長い時間のようにも思えた。いつの間にか、Plantationで働いている現地人が数名集まってきて、一緒に行った3人の現地人の指示で、足と首に何本も縄を掛け、500kgもあると思われる牛を近くの海岸に引っ張って行った。
そこで行われた光景も凄まじいものでした。
3人の現地人が、持参の長い「バン刀」で首を落とし、腹を割いて内臓を出し、血だらけになって魚を捌くように大きな牛を二枚に捌いてしまったではないか。黒い毛皮の付いたままの、まだ温かい片身の牛肉が出来上がってしまった。その白人は、「どちらでも好きな方を持っていきなさい」と言うことで骨付きで無い片身を分けてもらってきたが、毛皮の付いたままの牛肉は決して食欲の湧くようなものではない。
海岸には大きな頭と、内臓の山、砂に滲み込んだどす黒い血溜りがそのまま放置されていたことは言うまでも無い。
最近言われているBSE(狂牛病)等という名前さえ聞いたことの無い時代の、いかにも野性的な光景を目のあたりにした昔のことであるが、そのときの印象が余りのも強烈だったので今でも昨日の出来事のように鮮明に思い出します。

 
     現地人と文明人
現地での長い停泊が続くと、船務もやりつくし、毎日が休日状態で何も無いジャングル地帯歩きか、海に潜りに行くのが日課のような状態でした。そんなある日、現地人を連れて、猟銃を持って「野豚」を捕りに行った時のことです。
ジャングルの入り口近くで見つけた「野豚」を追いかけて段々と森の奥の方に入っていきました。「バン刀」を持った現地人も「こっちの方だ」と案内をしてくれるが、「野豚」の足跡も見失ってしまった。・・・・・が現地人の感は素晴らしいもので、地面の土も見えない、木の葉ばかりの場所で足跡を見付けていることです。葉っぱの上にわずかの砂が有れば足跡だと言う。
そんな案内人も、暗くなった周囲の状態からもうこれ以上奥に入らない「帰ろう」と言い出した。確かに昼間なのだが薄暗い。所々に一筋の太陽が射すところだけが明るくなっている。「野豚」を追ってあきらめきれない気持ちから、「もう少し追いかけよう」と言えば「もういやだ」と言う。
「マスター。これ以上は行ったら帰れなくなる。この場所で一周回ってみなさい」。
回った後の質問。「マスター、今どちらから来たか判るか?」「そんなこと判る。こっちだろう」と指差せば、違うと言う。「マスター、こっちから来たんだ」と30度ほど違った方角を指差す。まさかと思いながら彼のいう方向に行って見たら、確かに文明人である私の間違いがはっきりわかった。
森に入るときの彼らは、いつも物騒な長い「バン刀」のような大型包丁を持って歩いているが、これは歩きながら立ち木に切り傷の「マーク」を付けて歩いていた。その切り込み角度から歩いてきた方向が判るし、切り傷の状態から、何日前ぐらいの傷かわかると云っていました。古い切り傷を見つけては何日前ぐらい、どの方角から人が入っていると判断する。確かにその方角に次の切り傷が見つけられるのには驚かされた。また、敷き詰められた木の葉の上を見て、足跡だと言う。言われてみれば少し凹んでいるし、わずかな砂が葉っぱに付着しているのがわかる。こんな彼らの感は文明人には到底真似の出来ない特殊な感覚だと思い知らされました。

 
     音楽好きの原住民たち
音楽好きの原住民たちは数人集まればコーラス?が始まります。初めて乗船してきて、我々の仲間に入って始めたのが彼らのコーラス?でした。手元にある何でも良い、音の出るものを取り上げて楽器代わりで唄い始めます。皿が楽器になります。二本のスプーンを背中合わせに指に挟んで上手に音を出します、竹の棒=箒の柄の節の部分を竹同士で擦り合せてこれも楽器です。一度教えた曲は殆ど覚えてしまうけれど適当に彼らのリズムにアレンジして曲にしてしまいます。
テープレコーダーを囲んでコーラスを・・・ そんな彼らの生演奏を聞きながら、青天井のデッキで飲み明かすのもおつなものでした。
ある時テープレコーダーを持ち出して彼らのコーラスを録音し、再生して聞かせたときの驚きようと言ったら、ここで説明も出来ない状態でした。リールが回っているだけの不思議な器械から自分たちの今まで歌っていた声が再生されて聞こえたことで驚き、器械から飛び離れ、口も聞けない始末。笑い転げる我々を遠くから眺めながら、恐る恐る寄ってくるものの、突然ボリュームを一杯上げた途端にまた飛び離れていく。最後にはテープレコーダーを遠巻きにして周囲を回って様子を眺めていました。生まれて初めて出会った不思議な器械に翌日には沢山の仲間を連れてやってきました。その時にはコンパスデッキのスピーカーから音声を流したら、仲間たちも唖然としていました。
停泊漁船が流行歌を流しているのはいつも聞いている彼らにも、自分たちの声がこのように聞こえてくることにはさすがに驚いたようでした。

 
     危険な漁法
カヌー遊びは快適です 土曜、日曜日になるとやってくる白人と数人の原住民達。多分Plantationの主と使用人達だったのでしょう。港の近くには住んでいない人達でしたが良くやって来ていました。
船の近くだったり、少し離れた入江で魚を採りに来ていたのです。それもダイナマイトを放り込んで爆発させ浮き上がった魚を一緒に来た原住民達に拾い集めさせていました。
このような漁法は禁止されていたとは思いますが、それを誰も咎める人はなく公然とやっていました。中型のトラックでやってきては適当なところで魚のいるのを確認し、慣れた手つきでダイナマイトを取扱い、海に放り込む。ズシン!と腹の底に響く爆発音と、水面が白く盛り上がり泡だった水面に魚が浮き上がってきます。連れてこられた原住民は飛び込んでいって大きい魚だけを適当に拾い集めて素早く上がってくる。近くには鮫も多く長く海に入っていることは危険なので素早く事は済ませます。周囲にはまだ沢山の小魚が浮いていても拾わずに帰っていきます。荒っぽい漁法でしたが見ていて楽しい光景でした。近くには1mにも及ぶ「サヨリ」が沢山泳いでいたし「鯵」などが沢山泳いでいました。

 
 

 
大自然の中で、自然を相手に育った人達と共にしていると、
文明人の知識は何にも役に立たないことも多々ありました。
船乗りも自然相手の商売でしたが、それが通用するのは海の上だけです。
原住民達に教えられた沢山の知識は今でも私の宝物です。

終わりまで読んで頂き有難う御座いました。

| Home | Pageに戻る | はじめに | 乗船履歴 | 陸のかっぱ | 海の表情 | リンク | アルバム | My Data