河童の想い出 Z

1950年代の標準型の貨物船は精々1万トン級で大型船といわれていましたが、船舶の大型化は、めまぐるしい速さで進歩してしまい、現在では、10万トン20万トンが標準型の貨物船になってしまいました。 世界の港は巨大化する超大型船を収容する設備を整えるのに追いつかず、従来使用していた港湾設備から新たに埋立地を造り、長い桟橋を造り、あるいは人里離れた遠い辺鄙な土地を利用して港湾設備を拡大して行きました。
こんなことから入港地での乗組員上陸の脚は益々遠くになり、勿論常設交通の便は殆んど開発されない地域になってしまいました。それでもタクシーなどを利用して上陸できる地域は「恵まれた港」といっても良かったでしょう。中東の原油積出地などでは上陸できる手段などは殆んど有りません。
今回は船員生活中に経験した上陸地の色々な交通事情について体験記を掲載します。




カナダ、バンクーバー

Vancouverの石炭積地は市街中心地から約30kmあまり南に位置するRobertsと言う辺鄙な農村地帯を抜けた長い海岸線の沖合に埋め立てた広大な場所に位置する。
Roberts Bankからの乗組員上陸はVancouverに行くのだが、決して近いとは云えない。交通機関といえばバスもなく、タクシー以外にない。乗車したタクシーも平坦な田園風景の中をひたすら走り、その先に突然現れるカナダの大都市バンクーバーのビル街。通常上陸するときには電話でタクシーを呼び寄せて行く。Vancouverからの帰りには「流し」のタクシーは殆どないために、所定のタクシースタンドに赴くか、場所を指定して呼び寄せる以外にない。
そんな場所柄で、たくさんの買い物をしたある上陸のとき事。
買物荷物も有ったしタクシースタンドも近くに見当たらないので、入った植木屋で鉢植えを購入したついでにタクシーを手配してもらうことにした。
女性店員は行先を確かめて気持ち良く電話してくれた。待つこと数分して店の前に現れた車は、看板を載せたタクシーではなく、黒塗りピカピカに磨かれた大きな「リンカーンコンチネンタル」が静かに止まったではないか。まさかタクシーとは思えず「オッ、すごい車だな!」と軽い気持ちで中を見ていたら、立派な制服に帽子を着用した大きな黒人運転手が降りてきて
「オーダーしたジャパニーズはあなた達か?」と聞いてきた。
Lincoln Continental「エッ、これがタクシー!」一瞬目を疑ったがオーダーを受けたハイヤーだと言う。運転手が右側乗車ドアーまで回ってきて丁寧にドア-を開けてくれて乗車を促す。
作業着姿で上陸した我々にはいささか落着かない広い立派な車内に小さく収まったが、乗り慣れない凄い車で落着かない。
助手席シートに深く収まり低い目線から眺めた前方のボンネットの長さ、その先端にあるシンボルマークがやけに遠くに感じられたことばかりが印象に残る。車内はエンジン音は全然聞こえない。・・と言って良いほど静かで、勿論振動すら感じられない。
遥か遠くから聞こえてくる上品なバックグラウンドミュージックが流され、気持ちの良い眠気をそそる雰囲気を盛り上げてくれる。大柄な黒人運転手はあくまでも上品に、丁寧な運転で、時折声をかけてくるが、何だか凡てが上の空だったような40分近くのドライブだった。
車は石炭の埃でいやが上にも汚れる構内にも気にすることなく岸壁まで横付けしてくれた。 そして下車するときも外側からドアーを開けて深々と頭を下げて案内してくれた。「この岸壁には始めて来たが、通常ならこの構内に入れない。こんな大きな船をこんな近くで眺められて今日は幸せだった」と一言。料金は一般タクシーと殆ど変わりなく、何だか随分得したドライブを味わった。




インド、マルマガオ(旧ゴア)

歩いて上陸するには一寸遠すぎる。と言ってタクシーに乗る必要もないような距離だが、歩くと暑いのでボロタクシーでも乗車するようになる。港のゲートを出たところには、沢山のポンコツ車の溜まり場で上陸する我々をわれ先にと出迎えてくれる。目的地が同じでも運転手によって料金もまちまち。出来るだけ値切ってOKを出して契約成立。さて、乗車した車は料金が安いだけに、居並ぶ中でも一番ボロ車。それでも目的のダウンタウンに到達できるので我慢する。ガラスのない窓から腕を入れて内側のドアーハンドルを操作しなければドアーが開かない。乗車して少し走ったら、ドア-は自然に開いてしまう。運転手が振り向いて、ドアーを押さえるか、そこにある紐で縛っておいてくれと言う。仕方なくドアーを押さえたままのドライブ。それにしてもボロ車の割には良く飛ばすしスピードも出ている。窓ガラスが無いので強風とホコリが舞い込み、ガタピシと激しい騒音も加わり話し声など全然聞き取れない。「凄まじい」の一言に尽きるハラハラし通しのドライブも10分足らずの道のりなので、我慢をして乗車をするが、日本のような厳しい車検制度など無いお国柄なので、ポンコツ車でも一台所有していると彼らには余裕のある生活が出来ると言うことでした。




インド、マドラス

心臓に悪いハラハラ交通と言えばミナト街マドラス。
港としては結構活気ある国際貿易港で世界各国の停泊船も多い。港区域を出るゲート付近には、税関チェックポイントが有るせいでいつも激しく混雑している。
港区域内ではゲートまでは決められた道が無く、広い周囲から一斉にゲートに向けて各種の車が集中してくるので、その混雑は凄まじいものである。
クラクションの騒音は途切れることなく鳴らされ、割込みは当たり前に行われる。トラックは大型を強気に強引な割り込みを平然とやってのける。隣の車との間隔は数センチか殆んど接触している。そんな交通状態の中を走るためか、サイドミラー(バックミラー)が殆んどの車に付いていない。
こんな港なのでタクシーを利用するときには港区域のゲートを通過するまでは徒歩で上陸するが、ゲートの税関がイチャモンを付けるのが常で、気分を壊される。 タクシーを利用して上陸すると車内を確認するだけで通過させてくれるのはどういう心境なのか?・・・そんな現実がインド港町各地で見られる習慣なのである。
街中も交通事情は激しいの一言だ。トラフィックシグナル等は有って無いようなもの。赤信号でも前の車が通過していればその後に繋がって交差点をふさいでしまう。
そんなことからか、信号のある交差点ではポリスマンが手信号で交通整理をしている光景が各所で見られた。大型車も普通車も、バイクもリンタクも、時には牛車がのんびりと、交通妨害などは「我関せず」のゆったりで、インドの雰囲気で移動している。
街の中では広い道路幅をフルに利用し、追い越しあり、割込みありで、うっかり窓から腕など出しておけない。車は隣10センチ間隔ぐらいで追越していくし、追い越しを行う。道路事情を見ている限りものすごい活気のある港がマドラスなのである。




インド、ビサカパトナム

あまり聞き慣れない名前の港であるが、インド北東岸に位置する有数の軍港の一つ。 一方鉄鉱石積み出し、雑貨の取り扱いが多い貿易港でもある。
マドラスの北東方330マイルに位置する。「輪たく」群が行く この港での上陸手段はタクシーではない。「輪たく」になる。自転車の後輪を二輪にした、その上に客席がある。
「輪たく」運転手は痩せて、骨に皮が張り付いたような、裸足のドライバー。客がどんなに重くても文句は言わないし、重ければ自転車から降りてハンドルを必死に押して一生懸命運転していく。
上陸の為に税関ゲートを出ると、その場所に何台もの上陸船員の為の「輪たく」が待機している。行先は街中で有れば何処でも同じの料金で契約できる。
大事なことは、最初に上陸する乗組員が、料金交渉をすることになるが、最初は相当に料金を吹っかけてくる。交渉に交渉を重ね、適当なところで折り合いをつけ、それが、その停泊中にほかの乗組員も上陸するときに利用する相場になる。
ダウンタウンまで約3km程だったが、日本金で300円程度で折り合いが付いたと記憶する。そして、上陸最初に乗車した「輪たく」が、専属の客となり、停泊中上陸するたびの専用「輪たく」となる。
税関ゲートで名前を記入し道路に出て行くと何処からともなく専属の「輪たく」が寄ってくる。専属になった「輪たく」は、上陸者が食事に行っても、飲みに行っても、またあちこちに土産を買いに行っても待っていてくれるし、高価なみやげ物を預けても、わずか300円の「輪たく」料金だけの為にいつまでも待機しているのには感心した。
専属の「輪たく」で上陸 ホテルで食事をしていてもその間、他で儲ける仕事をする気配すらなく、ただ待機している。
その料金、日本金の300円でも、港区域専属の「輪たく」は高額な稼ぎ場所らしく、他の「輪たく」グループには入れないのだと言う。
一度、こんなことがあった。上陸してゲートを通過したら、何時も利用している専属「輪たく」が見当たらず、他の「輪たく」が寄ってきて「キャプテンのフレンドは今食事だ」と言う。「君が乗せて行け」と言うと、「乗せるわけには行かない」と断られ、専属が帰ってくるまでは、他の「輪たく」がいくら待っていても相手にして貰えなかった。
毎航海ほぼ定期的に寄航していると何時の間にかすっかり馴染みになり、いろいろと情報を教えてくれるし、行先を言わずとも、黙って目的地に向かってくれる。
そんな小さなサービスから同情心が生まれ、料金より高いチップを支払うようになるのは人の良い日本人船員に限られていたようだ。




カンボジア、プノンペン

メコンデルタ東方ブンタウ沖でパイロットを乗船させ、メコン河を溯ること128マイル。ベトナムの国境Tan Chauに到着、河中で一泊の錨泊。翌朝、国境税関で通過手続きを行い、さらに58マイル航行してようやく到着するのがカンボジアのプノンペン。
・・・・・港と言うより河岸に浮桟橋を設置した繋留施設である。
桟橋が空くまでの錨泊待機中は専属のジャンクを船単位で契約し昼夜を問わず、人数を問わず上陸、帰船に利用できる。(但しジャンクの定員は4〜5名だったと記憶する)
細長い手漕ぎジャンクの真中辺には椰子の葉で編んだ屋根が一つ有るだけで幼い兄弟が寝泊りし、利用したいときには何時でも交代で手こぎ操船してくれた。
浮桟橋までは目と鼻の先で、船側にいない時にはホイッスル(呼子笛)を吹けばすぐ来てくれる。椰子の葉で覆われた屋根には、船が貸与した社旗で覆っているので一目で確認できる。

浮桟橋接岸後は、目先が街であるが、方向不案内の船員にとっては便利な「輪たく」が待機している。
客席の位置がインドの「輪たく」と異なり自転車ハンドルの前に客席があり、車椅子を自転車で押しているような物を想像されたい。(下の写真右側参照)
後ろで運転する「輪たく」
「輪たく」待機場所
「輪たく」の待機場所。中央の「輪たく」は左側が
客席で進行方向になる。
そんな客席ゆえに、目的地を伝える必要も無く、座ったまゝ右、左を指差せば後ろ側、頭の上でハンドルを握っているドライバーには一目でわかるから大変便利な乗り物だった。
一方、スコールの多い地方なので、突然の激しい雨には直ちにホロを広げて雨よけをしてくれ、客席に雨が当たらないように、雨が上がるまで運転をやめて待機してくれる。
ただ正面衝突されたら、客席は一番危険な場所に居るので、まともに損害を被ることになる。

余談であるが、当地の 一般通用語がカンボジア語かフランス語だったらしく特別な人以外には英語は通じなかった。もっとも、上陸の時には「ジョウトウ(上等)」「ジョウトウナイ(上等でない)」「マトウ(碼頭?=港、浮桟橋)」の3語で大方の用事は済んだ港だった。




オランダ、ロッテルダム

走り回るタクシーは日本では高級車のベンツ。初めて乗車したときは「オッ、ベンツが来た」と吃驚した。
Mercedes Benz 乗車してみればシートから、内装一切のレザー部はすべて本物の皮でした。「ほんものの本物だ!」と日本では乗ることも無い本物の大型ベンツが当り前のタクシーであるオランダはそんなに裕福な国かと言えば、ただ普通の国です。
物珍しく周囲の本皮を撫ぜつつ感触を満喫しながらロッテルダムの中心地まで約40分間、ご機嫌な上陸のスタートになります。
街に行ってみれば周囲を走り回るタクシーの殆んど全部が「大型ベンツ」。
ベンツのタクシーに乗って驚いていたのは日本人船員だけのようでした。
その後、街まで余り遠いのでマイクロバスをチャーターし、乗組員上陸の足に変更したが、これも「ベンツのマイクロバス」でした。オランダではベンツは普通車なのです。




フィリッピン、ガガヤン・デ・オロ

フィリッピンでは何処でも見られる「ジープニー」と呼ばれる、大型ジープを利用した乗合タクシーを利用する。
運転席後ろにはホロを張って、両脇ニ列のベンチが客席になっている。本通りを歩いていると沢山走っており、手を上げれば止まってくれる。運賃相場は距離にもよるが、最初の料金は大変安く、日本金10円程度だったと思う。
ボンネットの上の「馬」のデコレーション派手な装飾の「ジープニー」 土地の人たちには大体決まっているようであるが、日本人には運転手の気分次第でぼられる事も有るようだった。
便利なのは、乗車、下車場所は決まっておらず、手を上げれば止まってくれるし、下車を言えば任意の所で自由に下車できる。他に客が居なければ、本通りだけでなく、目的地まで、あるいは船まで寄り道をしてくれるが、別料金の要求は免れない。
「ジープニー」は派手好きな国民性そのままに、きらびやかな装飾が施され、一目でそれと判るのが特徴で、さらにボンネットの上に「馬」の飾り物が取り付けられている車体もある。
それも一つだけは少なく、三つ、四つと複数になっている。その意味を問うたところ、昔は三頭立て、四頭立ての馬車だったそうで、それを意味しており、馬の数の多いほど上位になるとの事。 乗車定員も特別有るわけでなく、ギッシリ積めて20人位と思われるが、時には鈴なりにぶら下がって走っている光景さえ見られた。

バイクのタクシー?バイクタクシーが非常に多い もう一つの交通には、バイクの後ろにリヤカー程度の箱を取り付け、まわりを囲って、こちらも派手なペインティングを施し、バイクタクシーとでも言うのか、たくさん走り回っている。
料金が安いせいか、「ジープニー」より多く利用されており、狭い客席には沢山の客がすし詰め状態になって利用している姿には、滑稽さを感じた。
試しに街中移動に乗車?してみたら、小回りが効くせいか、やたらに小道を走り回るので振り回されどおし。歩くより疲れる乗り物だった。でも料金は非常に安かった。





アメリカ各地

言わずと知れた自動車の王国。広大な土地を移動する手段を自動車に頼っているので多くの車種がひしめき合っているのがアメリカである。
初めて寄航したアメリカの国はSan Francisco。
20歳の三等航海士時代で、初めて恐る恐る乗車したタクシーは「Yellow Cab」。
../Yellow Cab 周囲を走る自家用車はすばらしいスタイルのアメ車ばかりなのに、乗車した「Yellow Cab」はカポネの時代を思い起こさせるような古いスタイルで車内シートはボロがはみ出しているお粗末な代物。(第一印象の悪さはこのときから始まった)
ボロ車でも道路事情が良かっただけスピードは周囲を走るスマートな車と同じに走っていたが、初めてのアメリカ、初めてのアメ車に乗車した印象は決して良いものではなかった。
その後アメリカ各地の、多くの港に寄港する経験を得たが、タクシーだけは疲れたボデーばかりに出くわしていた。
最初寄航したSan Franciscoで、現地代理店員から、タクシーを利用するなら「Yellow Cab」が安全で、「他の会社のはトラブルもあるので出来るだけ利用しない方が良い」と言う忠告が、いつも頭の隅に住み着いていたので「Yellow Cab」だけを利用していた精かもしれない。港からDowntownまで遠く、広いアメリカではタクシーは絶対必要な「脚」だった。




パナマ、クリストバル

「タクシーは殆んど「雲助」だから充分気を付けてください」。忠告を受けたのは入港手続きの時の代理店から。
「通常Downtownと何処の岸壁までは相場は幾ら位です」とメモしてもらって、これさえ判っていれば「雲助」タクシーには騙されないだろう。・・・と判っていたはずなのに。
遊びまわって夜も更けて、さて「帰船するべ」とタクシーを捜していると、その気配を何処からか見ているタクシーが静かに寄ってくる。早速岸壁名を言って料金交渉に入ります。
「Pier 16まで幾ら?」「10 USドル」「ノー、ノー、5 USドル」「OK」とあっさり交渉成立。5 USドルならば代理店の言った通りだから大丈夫だった。(ホッと一息)
さて交渉も無事に終わって仲間たちとほろ酔い機嫌で乗車して、暫く走ったところでガソリンが少ないので給油したいと言う。まあこれは必要なことだろうからOKする。給油後、運転手が5ドル払っておいてくれと言う通りに支払い、無事に真っ暗な目的地のゲートに到着。
下車しようとしたら乗車料金5 USドルを請求するので、「さっきガソリン代として支払った」。と言うことから「払う」「払わない」のトラブル発生。
「約束は5USドルだったではないか」「ガソリン代は別だ」と言い争いになる。大男の黒人運転手は脅かしにかかってくる。こちらは仲間3人だったので、「一斉にドアーを開けてゲートまで走って逃げよう」と相談。このとき運転手が、2,3回室内等を点滅したので何事かと、窓の外を見たら、真っ暗がりに目だけを光らせた黒人たちが数人車を取り囲んでいるではないか。
「暗がりの黒人」は目だけが異様に光り、恐ろしい。皆で残金を集めて5USドルを支払って逃げるようにゲートまで走って一難去った結末だったが、後味の悪い経験だった。
その後船内で「かたふり」のひと時、クリストバルの話題の折「こんな事があって・・・」と話題にしたところ、「俺も」「俺たちもやられた」と数件の被害が判明。
殆んど同じ手口で、結局通常料金の倍額を支払った羽目になっていたこと。
「雲助にやられた。」と騒いでも航海している船内では後の祭りでした。・・・・・「騙されたやつが悪い」
一方、腹の中では「俺たちだけでなくて良かった」と、変な安心感もあった。
これだけ判っていてもその後の寄航時にも似たような被害者が発生していたと言うことは、「騙すやつは相当に利口だったのだろう」クリストバルでの上陸にはくれぐれも気を付けてください。



終わりまで読んで頂き有難う御座いました。