河童の想い出 V

長い船員生活の中でいろいろ想い出に残るエピソードがありました。
今回は船員生活環境の一般的な事を記載しました。
・・・揺れる中での船内生活・・・フト思いついた経験談。・・・
思い出したことを掲載致します。



1.揺れの中の生活−その1

浮かぶ巨大物体である「船」は水に浮いている限りどんなに大きくても「動揺」からは逃れられません。
船を知らない人は、巨大船であれば揺れる事などは無いだろうと思っているようですが、20万トン、長さ300m、幅50m、深さ25mの巨大船でも自然の威力には容赦ありません。荒天に遭遇すればローリング(横揺れ)20度などは当たり前です。
テーブル上の品物どころか、テーブルそのもの、椅子などは船体に固定しなければなりません。
キャビンを留守中に、隅に置いてあった缶ビールのケースが広いキャビンの中をごみ箱等と一緒に走りまわっています。
時には壊れたケースから逃げ出した缶ビールがキャビン狭ましと賑やかに転がりまわっています。
ロックを忘れた本棚の本が全部床面にばらまかれローリングに合わせて右往左往しています。時には冷蔵庫のドアーが開いて格納品がキャビン中ばら撒かれたときは惨めな光景です。
生活空間全部が大揺れしている時、自分の体を支えるのが精一杯の状態だと言うのに片付け掃除作業は大変な重労働。こんな時は広いキャビンが恨めしく思います。テーブル上の一枚の紙切れでさえ滑り落ちる程、大型船と謂えども大揺れするのです。
それも横揺れ(ローリング)だけでなく経揺れ(ピッチング)が入り、複雑な揺れは船のみならず、中に住んでいる全船員共々翻弄されているのです。
船員プロ集団には船酔いする人は居ませんが、間断なく揺られているので何もしなくても空腹だけは感じています。
揺れに調子を合わせながらの「蟹股歩き」どんなにベテランマドロスでもやはり静かな航海がよろしいようです。

2.揺れの中の生活−その2
航海中の船舶は常に揺れているものです。通常は心地よい揺れ、即ち、読書などしていると自然に眠気に誘われていきます。
乗船前には今度乗船する船では次回休暇下船時に「海技試験を受験するために勉強するのだ」と計画して参考書を沢山持参し乗船します。
航海が始まり勉強する暇が出来てきた頃には難しい参考書を読み始めると2ページも進まないうちにウツラ、ウツラ。読んでいるはずの目は同じ行を行ったり来たり。(陸上で勉強しているときにはこんなことはめったに無いのですがねー)心地よい揺れのお陰です。・・・
そして次の時間も同じ事の繰り返し。こんなことの繰り返しで次のページになかなか進んで行けません。

 その内に開かれたままの読みかけのページにはホコリがたまり、他の書類が上に重ねられ、いつしか乗船前の堅い決意は忘れ去られてしまいます。
そして荒天遭遇でテーブル上の積み上げられた雑書類と一緒に床にばら撒かれ拾い集められたときにはホコリのページは綺麗に閉じられて片付けてしまいます。
そして休暇下船が来るまで二度と開かれることが無いことが一般的な船員でしょう。
心地よい揺れとリズミカルなエンジンの振動はいつも幸せな眠りに誘ってくれます。

3.揺れの中の生活−その3

今度は右舷傾斜です  船の生活習慣に中に「荒天準備」と言う特殊な作業があります。
地震以外には揺れない地面で生活している人たちには縁の遠い言葉です。船の大揺れは地震とは異なりますが、海上の荒天が過ぎ去るまでの数時間、或いは数日間続きます。
 生活環境そのものが全部揺れ動くので住みにくい事この上もありません。通常固定されていない居室の品物は一つ残らず固定するか固縛しておかなければなりません。固縛出来ない小さな物は箱に入れて隅のほうに動かないようにガムテープ等で固定します。
時には冷蔵庫の扉が開いて内容物がぶちまけられる事があるので扉を縛り付けますがその前に冷蔵庫の内容物が動き出さないように固定する気遣いも必要です。

 一方食堂のテーブルには布のテーブルクロスに水が撒かれテーブル上の調味料などが滑らない対策を講じます。天井から吊り下げられた紐に味噌汁を入れた鍋(汁バックと呼んでいた)がぶら下げられ振り子の様に振れまわっています。
荒天になると船内雰囲気が変わって滑稽になってきます。

例外として、グラスに注ぐビールは溢れるほど注ぐことが出来ませんがやはりビールだけは溢れさせないとおいしくありませんでしたネ。

4.揺れの中の生活−その4
ローリング(横揺れ)はピッチング(縦ゆれ)より傾斜角度が大きくなります。
船窓から見た船首方向大型船の大揺れで30度〜35度位が最大だったと記憶していますが、30度の揺れと言ったら大変なもの。
揺れに加速度がつくので動き出さなくて良いものまで滑り始め、自分の身体も転倒せぬようつかまり、突っ張っているのが精一杯で、移動物を押さえること等出来ません。
荒天時に小用に使用する時の洋式便所は、船首尾向きに取付けられた便器を使用することが大事なことです。
理由:大揺れ中には安全の為に片手は何処かに掴まっていなければならない。一方の手はおのれの息子の方向を面倒見なければならない。
 そこに大きなローリングが襲ってくる。便座と共に便器の蓋が倒れてきて使用中にもかかわらず便器の蓋が閉ってしまう。そして放水は急には止まらない。
その結果は文章を書くまでもなくご想像におまかせ致します。後は揺れる中でのトイレ掃除のみじめ。船長室の専用便器は左右舷向き設置が多かった様です。

もうひとつ
船内居住区は全体的に立体構造です。大型船では通常メーンデッキから上方6 階建で階段かエレベーターで昇降します。一般に船内エレベーターは横揺れ15度を限度にして使用禁止です。
 階段は通常船首尾向きか、左右舷向きか何れかに取付けられています。そんな時の左右舷向き階段を昇降するときのタイミングとコツが有るのです。
船の揺れのタイミングを待ち、階段に向かった側に揺れが傾いたときに昇れば水平に近い階段を楽に登れます。
降りるときにはこの逆で揺れが階段を水平に近くなる状態に揺れたときに移動すれば降りる行為が水平に歩くが如く楽に昇降できるというわけです。
但しタイミングを間違えると「垂直」になった階段に直面するので決して慌てないことです。

5.揺れの中の生活−その5

湯船は空になってしまいます単純に言って24時間の3分の1は睡眠の時間です。
そして航海中は割合に規則正しい生活が出来るのが船員です。
しかし一旦荒天に遭遇するとのんびりと8 時間の睡眠どころではありません。
時化の中では四六時中激しく揺さぶられるのは仕方ないとしても、せめて睡眠時間ぐらいゆっくり休ませてほしいと思う気持ちは誰でも一緒です。
通常の船務で疲れたところに更に手足を突っ張り、よろめき歩いた分だけ疲労がプラスされています。ベットに横になっても前後左右に間断なく揺さぶられていると熟睡どころではありません。
ウツラウツラと揺れの度に目が覚めて寝返りを打ってみたり、「ヒツジの数」を数えて睡眠に入ろう等と努力をするものの激しい動揺が、そして揺れ動く度に何かが移動する騒音やらで睡眠どころかかえって目が覚めてしまいます。「寝なければならない」と言う努力が返って仇になるようです。

船のベットは通常幅が90p程で船首尾向きに設置されています。しかし時化の時だけはその幅でさえ広すぎると思うほどでした。まして船長室のベットは一般のダブルサイズとシングルサイズの中間ほどの幅があり、そんな中で己の体はローリングの度に右往左往するのでゆっくり寝られるわけがありません。
そんな時には対角線に寝ると、少しは激しいローリングから逃れられたような気がしました。
或る船ではダブルサイズのベットが設置されていましたが、そんな船では揺れる荒天時には横方向(左右舷向きに)に寝て頭と足に移動防止に畳んだ毛布などを挟んで身体が移動しないように押さえて寝たりしました。

 ・・・通常の睡眠時には水平な場所で枕を使用して寝るのが普通ですね。
 ・・・この状態でベット全体を傾斜させ、頭の位置より足が上になる(高くなる)状態になると、睡眠中には「逆さに落ちていくような」錯覚に陥ります。
特に荒天時の様に熟睡していないときにはウツラウツラと「時化に悩まされている夢などを見ていると、頭から奈落の底に引き込まれて行くような悪夢に吃驚させられたものでした。
 船員は睡眠をとっていても疲労が蓄積して行く厳しい生活環境で生活しているわけです。それでも3日も揺られていると疲労の蓄積から少々の揺れぐらいでは気にならなくなり8時間をみっちり熟睡できる様になるものです。
環境に順応するのが早いのも船員の特技かもしれません。

 




6.船員と情報収集
日本の港を出航し、沖に向かって航海していくと数時間後には本土の影は遠くに霞んでいってしまいます。
それに並行してTVも受信できなくなってしまいます。
一方、日本沿岸を並行して航海しているときには、船舶が移動しているために一時間以内にチャンネルが遠ざかってしまい、次の局を手動で探さなければならないのがTV鑑賞に付きまといます。
今までの画面を続けて見るべくぼやけて動揺している画面を辛抱強く眺めているのが情報に飢えている船員の姿なのです。ついにはTVはビデオ専用のディスプレイになってしまいます。
何でも有りの現代社会の中でこんな生活をしているのが外国航路の優秀な船員達だけではないでしょうか?。

ラジオといえども中波帯は4、5日程度で受信できなくなり、後は世界の何処かから流れてくる電波を拾って解らぬ言葉をただ聞いているだけです。しかし今の時代に忘れ去られているような短波放送だけはいまだ健在です。「NHKラジオ日本、国際放送」は外航船船員のただ一つの情報源でした。
世界の海域によって放送時間と周波数が異なりますが最も新しい情報が得られるただ一つの手段なのです。この放送を受信するには短波放送を受信できる高級なラジオでなければなかなか明瞭に受信できません。
今の時代に性能の良い短波受信機を販売しているメーカーも限られており、乗組員の皆さんは結構高級な機種を持っていました。
外航船員は再び日本に接近するまで日本の情報は短波放送に頼っており、ほかには文字放送の共同ファックスニュースが送信している「新聞」だけなのです。
日本国内に居ては短波放送を聞くことはまずありえなし、国内では送信局が近すぎて受信感度が決して良くありません。インマル通信、衛星経由のイリジウム電話など高度な機器が開発されている中で、個人が情報を得るための公共電波は昔のままで発展していません。船員さんは可哀想です。

7.「船内文庫」

日本国内の短い停泊で慌しく貨物の揚げ積みを終わったら殆どの場合昼夜の関係なく次の積地に向かって出港して行きます。
そして船員の航海中の楽しみの一つは船内文庫です。短い停泊中に担当者が週刊誌、月刊誌、文化費に余裕があればベストセラーの単行本など一定の金額分の文庫費で購入してきます。
停泊中の疲れも取れ、そろそろ落ち着いて船務に乗ってきたら楽しみの文庫開放となります。
週刊誌の種類は店頭に並んでいるすべての雑誌、漫画からアダルトもの、女性週刊誌まですべて揃っています。月刊誌も店頭の端からズラリと買い集められてきたものでこちらも一通り揃っています。
一航海毎日読んでも読みきらないほどの雑誌ですが、内容はと言えば同じ時期発売の雑誌はすべてネタは同じ内容です。2、3冊の内容を読んでいるとその内に読んだ雑誌、読んでない雑誌が解らなくなってしまうと言うのは皆さん同じ意見でした。
こんなときにはグラビアページをパラパラめくり、ヌード写真の見たことのないのはまだ読んでない雑誌になります。これは船員の生活の知恵でしょうね。
同じ雑誌を読んで同じネタを仕入れている皆さんの「知識」はみんな同じ同僚です。当直中の話題は週刊誌情報、いっぷく時間の話題も週刊誌情報。
・・・「アッ、その話先を知ってる」・・・「その話どの雑誌だった?。○×にはこう書いてあったぞ」・・・
しかしそれ以上の進展は次の週の雑誌でなければわかりません。そして次の雑誌を見ることは先ずありません。後は想像の議論です。船員の一般情報知識はこんな理由から「中抜けの知識」だったようです。
それでも若かりし頃、店頭では恥ずかしくて買えないようなアダルト雑誌が船内では自由に読め、話題にでき、楽しかった日々は船員になったことを正直に有り難く思っていました。
新乗船者は古くなって廃棄処分する週刊誌を沢山居室に引っ張り込んでむさぼり読んでいるのも船員の姿です。陸上休暇中では読めなかった「三面記事」は古くなったネタでも面白いものですよね。

8.船員の移り変わり

若い船員が乗船してくると色々と素直な考え方に驚かされます。
若いその船員は海員学校を卒業して採用と同時に他社に派遣船員で暫く乗船していたようでした。
派遣乗船していた船は5、6000トンの船だった様です。そして次に乗船してきた船は約12万トン級の船です。
先輩船員は色々と質問します。
・・・「今まで乗船していた船はこの船の20分の1位の大きさのようだが長さはどれ位だった?」。
・・・「この船の長さは250mだけれど君の乗船していた船は20分の1として12.5mになるがそんなに短かったのか?」。
・・・「いやそんなに短くありませんでした。おかしいなー?確か6000トンぐらいでしたが長さは100m以上有りました」。
そんな意地悪な質問にも真剣に考え一晩悩んだそうです。

月日の経過は早く、その若者もすっかりベテランの船員になり、新船員に同じ質問をしているのを聞きましたが、最近の若者にはその手の質問には乗っていかないようでした。
時代の流れは話題も新しくないと素直に受け入れられないようです。

9.大洋航行中の船位確認
その昔、と言ってもそんなに遠くの話ではではありませんが、「船が陸地も見えない大洋の真中を何日も航海して良く目的地に間違いなく到着するものだ」と言われた事がありました。
Sextant(六分儀) それは航海士の職務技術で「太陽や星の高度と時間を測り、天測航法計算で位置を確認」して航海しているのだと言っても怪訝な顔をされるだけで、理論的に説明しても何となく納得が行かない状態でした。(最も説明もいいかげんでしたから)。
 近年は航空機や船舶を目的地まで安全に、しかも効率よく導く技術で電波航法と言う技術が目覚しく発展しました。
さらにコンピュータ技術や、多くの制御装置など広く電子技術が発展し、暗闇や霧中でも有視界のように航海できるようになりました。そしてNNSSから更に進歩しGPSなる衛星航法が殆どで全世界をカバーし天測航法が忘れ去られてきつつあります。
 ある時、新造船を見学に来た若者が、GPS装置をみて、「これだけは解ります。くるま用の装置が船でも利用できるようになったのですね」と言っていました。
・・・「若者よ。GPS装置は船の方が先に装備していたのですよ」。
ちなみに船舶に使用されてきた電波航法として次の様な種類が上げられます。
・・・Radar, Loran, Decca, Omega, NNSS, GPS・・等など。(個々の説明は省きます)
いずれも位置を確認する手段ですが人類の研究成果による進歩はすばらしいものですね。

10.通信手段の変遷
1999年1月31日をもって長年使用されてきたモールス信号が廃止されました。
モールス信号と専用通信機は1837年米国の大学教授、サミュエル・モースが発明したものであり、長い間海上航行船舶との連絡手段、遭難通信などに利用されてきました。
一般の人にはそれ程には馴染みも薄く「モールス信号」の呼称程度に記憶されているものと思います。しかし陸上とは遠く離れ海上で生活している船員にとっては大事な通信手段でした。
昭和30年代の外国航路の船舶には通信士が3〜4名乗船していました。
航海中は当直中の通信職務と一般の事務仕事、停泊中は職務解放のように専ら上陸が職務の様で、忙しい航海士にとっては羨ましい存在でした。
時代の流れは早く、通信手段は目まぐるしく発展し、特に通信衛星を利用するようになって航海関係では船位測定のNNSSからGPSと正確さを競いながら現在に至りました。
通信手段はこれと並行しながらインマルサットが利用できるようになってTelex, Telefax, インマル電話と、モールスのような記号を使用しない通信へと変わってしまいました。・・・と言うことは、特別に通信士の資格を必要としない機器を取扱う事が出来る人であれば簡単に利用できるようになってしまいました。
しかし便利さの裏には機器に不調が発生したら全てがお手上げ状態に陥る事です。
緊急時の救難に関わる遭難信号などは自動発信される便利な装置が装備されたが、反面誤作動が非常に多く誤警報アラームで常に驚かされていました。
近年は特別に通信士の資格を有する職員の職場は必要なくなってしまい、そのしわ寄せは航海士であり、船長と言うところに来てしまいました。「万屋(よろずや)」と言う言葉が今ごろ思い出されます。
肉体労働力は外国船員、キーマンである日本人には時代の流れに乗っていくことは大変なことです。
海上で働く皆さん頑張ってください。


終わりまで読んで頂き有難う御座いました。